大切に

こんにちは
ドラムラインのやまだです!

先週の日曜日は2月3日。
節分!

ということで、東北東を向いて恵方巻!

、、と思いきや!


ポテトチップスでした。

ちゃんちゃん。

 


さて2月に入り、今シーズン最後のイベント

「Home Coming Day」

もすぐそこまでやって来ました。


(途中で読むのやめちゃったら困るから最初に宣伝しておこうっと。)


Home Coming Day(ホームカミングデー)

2019年2月24日 (日)
開場 14:15
開演 15:00

場所 野洲市総合体育館
〒520-2351 滋賀県野洲市冨波甲1339


Home Coming Dayでしか見られないオリジナルSHOWや、アンサンブル、今シーズン1年間かけてやってきたメインショー「An Oceanic Tale」の最後のお披露目。
そしてゲストに
Tokushima Indigoes Drum&BugleCorpsさんをお招きして盛りだくさんのプログラム!

合同演奏もありますので、ぜひご参加ください!
お申し込みは、JOKERSホームページ内の「Home Coming day」ページの投稿フォームから!

JOKERSを知らない方でも!
マーチングを知らない方でも!
ぜひお友達やご家族を誘って来てください!
お待ちしております!

(読むのやめちゃう前に宣伝できたはず〜!)

 

 

他のメンバーのブログでもよく聞くように、JOKERSは生でSHOWを見ていただくことを大切にしています。

わたしは今シーズンのSHOWを一度だけ生で前から見ました。

それは、こちらもときどきブログで登場する1.2.3年目のメンバーだけで行う若手ランスルー。


の逆で、

ベテランの方だけでのランスルーのとき。
3年目のわたしはそのとき始めて今シーズンのSHOWを生で見ました。2ヶ月ほど前に。

刺さるようなビューグルの音。

一緒に歩いてると見えなかったいろんな瞬間。

つま先から、指先、マレットの先まで。


わたしはあの瞬間の、あの表情(顔芸)が涙うるうるポイントのひとつでした。

芸が細かくて細かくて、面白くて面白くて。

それは動画でも写真でも見ることはできません。

生でしか見られない瞬間、表情(顔芸)、
感じられないエネルギーがあるのです。

ぜひ正面で
見て、感じてください。

 

その席、その角度からの瞬間を見られるのはあなたしかいないのです。

今シーズンのJOKERSのSHOWを見られるのはこの日で最後。

見られるときに見ておかないと見られなくなってしまうのです。

それは私たちも同じで、
『今シーズンのショー』が「An Oceanic Tale」じゃなくなる日が来ます。

 

 

そのときに悔いが残らないよう、出来るときに出来ることを全力でやっておかないと。

一瞬一瞬を大切に。

 

 


こんな最後のお別れみたいな感じになるはずではなかったのですが、、!
要は、私たちはお客様に楽しんでいただけるよう、SHOWが伝わるよう、最後の最後まで全力で!歩いて!叩いて!吹いて!踊って!

いますので見に来てください!!ということです!


(結局最後まで宣伝でした〜!)

おしまい!

読んでいただきありがとうございました。

 

最後のブログだったのでもう一度、、

ありがとうございました!!