2週続けて本番・・・そして次の本番へ

こんにちは僕です。Sopranoのヨネです。

季節の変化は早いもので、朝晩はめっきり寒くなってきました。シーズンが始まり、結団式があり、そして日々の練習、合宿をはさみ、そして先日の岡山での1st Showを無事に終えることが出来ました。

それでは、ここ最近のお話をしたいと思います。

まずは岡山での1st Showを終えての中五日、滋賀県にある、希望が丘記念公園で「フィールドアート in 希望が丘文化公園」と言うイベントに参加させていただきました。なんと希望が丘は40周年を迎えられたそうで、おめでたいイベントです。

岡山での疲れや余韻を残したままの始まりとなりました。でも、そんなことはお構いなしに本番はやってきます。疲れが残る体にムチを打ち、午前中はウォーミングアップ、練習に励みました(練習中の高校生の「カッコイイ!」や「スゴイ!」などの声援は大変メンバーの励みになりました。ありがとうございました!)。

そして束の間のお昼休み、出店があることを知らず、持参したお昼ご飯に後悔する者、お昼ご飯と出店のタコ焼きや唐揚げを両方たいらげるツワモノ。各々、自由に休息をしておりました。

そして衣装に着替え、いよいよ本番です。その日のお客さんは家族連れの方が多く、ドラムコーやマーチングを見たことがない方が大勢だったと思います。しかし、とても暖かい拍手や声援で迎えていただきました。また、小さいお子さんの両手で耳を塞ぐ姿は、私たちのパレードではよく見られる姿で、それも見ることができました。笑

SHOWをした芝は雨を含み、あまり良いコンディションではありませんでしたが、スタッフの方が芝の水を除去していただいたおかげで、精一杯のSHOWをすることができました。そして終わってからも暖かい拍手をいただき、本当にありがとうございました。

(当日の様子はホームページのPHOTOをご覧ください。)

そうして希望が丘での本番を終わり、23と29、30日は今まで作ってきたSHOWを少し変更を加えたりしながら磨きをかけていきました。

今シーズンも色々なトラブルがあり、今もそれを抱えてる最中ですが、「だって これで完璧だなんて事は そうそうないでしょう また計算して 完璧過ぎても おもしろくないでしょう」と歌があるように、トラブルは私たちにとって良いスパイスになってると、僕は思っています。

木曜日には関西大会を迎えるわけですが、代表に選ばれれば全国に駒を進め、より多くのお客さんに私たちのSHOWを楽しんでもらうことができます。ただその前に、舞洲アリーナに来ていただいたお客さんを私たちのSHOWで沸かせる事ができたら幸いです。

関西大会にいらっしゃる方、お待たせしました!

全国大会で私たちのSHOWを楽しみにしていただいてる方、お楽しみに♪

そして私たちのSHOWがこの世界を回り回って、今回被災された方の笑い声を作ることができたら幸いです。

終わり。