門戸を開く


JOKERS Blogをご覧の皆様。

こんにちは。はじめまして。

アルトのしょーんです。

 

軽く自己紹介を。

 

僕は、JOKERS2年目、ビューグル2年目、金管楽器2年目のもうすぐ成人を迎えるのんびり大学生です。

 

金管楽器2年目という部分に疑問を持たれた方もおられるのではないでしょうか?

 

僕は、高校までサクソフォンを吹いていました。そうです、振動をリードに任せていて、唇がバテるという感覚が全くわからない人間でした。

 

2DC4FFD1-0C52-497A-BB7D-0192B0712035

「木管出身でついていけてるの?」

いいえ、大変です。唇を振動させるとは…?ピストンってどう押したらいいんですか?ここ持っていいんですか?そこからでした。

 

経験者が多い分、付いて行くのに必死で、昨シーズンは何度も悔し泣きをしました。懐かしい。

 

6A41328A-4617-48FA-A8D0-11CCB54486FE

「他にも木管出身者はいるの?」

はい、います。僕が知る限り、JOKERSで新しいことに挑戦した物好きさんは10人弱はいます。

 

F449F3B7-E65A-4178-8B30-E06DE80351B5

「どうしてJOKERSに入隊したの?」

理由は単純でここに居たいと思ったからです。

初めて見学に来た時は、ガチガチに緊張しました。(胃がキリキリ締め付けられたのを覚えています。)こんな初心者が来て迷惑にならないか、そんなことばかり考えてました。

 

実際に来てみたらそんな心配も杞憂に終わり、丁寧に教えていただき、1日が一瞬で過ぎました。

 

その日はたくさんのメンバーが僕に話しかけてくれました。いろんな人と話すと、この団体は個性の塊だなと感じました。

 

職業、年齢、性別問わず集まってショーを作る。ここに入れば、何かきっと得られる、成長できれるという確信がありました。不安もありましたが、やると決めたので入りました。

 

18C94FB2-6171-41CA-A2E1-E750E6EC24E7

 

ブログをご覧の皆様の中にも、新しいことに挑戦してみたいが、なかなか一歩を踏み出せない方が居られるかもしれません。

 

大きく重々しい扉が自身の眼前に立ちはだかると思います。その威圧感に怖気つくかもしれません。迷っているのなら、我々が手助けをします。しかし、その扉を開くことができるのは自分だけです。

 

ショーメンバー募集も残り1ヶ月となりました。入隊には2度の練習見学が必要となります。悔いのない選択を。

 

7185D112-3D9A-43E9-90E3-D6DAADE8D0CC

 

そして、

5/3,4,5のGW期間、JOKERSは春合宿を行います。Twitter、ブログで随時更新しますので、ぜひチェックを。お楽しみに。

 

ドラムメジャーを始め、隊員一同お待ちしています。

 

022C5987-6D65-4874-BC78-098C195A86DF

 

では。また。しょーんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です