The Joker’s wild

そのカードを手札の中に見つけたとき。
あなたの鼓動は少しだけ速くなる。
でも、決してそれを周りに覚られてはいけない。
何食わぬ顔で作戦を練る…。

JOKERSの名前の由来。
それは、言わずと知れたトランプゲームの「ジョーカー」に因ります。

トランプゲームにおいて、時には全てのカードに勝る最強の切り札としての役割が与えられたり、ババ抜きの時のように致命的な弱点として扱われたり。
どちらにしても、ジョーカーは他のカードとは一線を画した存在として扱われます。
そこに在るだけで、心が揺さぶられるもの。
一度手にしてしまえば、それを中心にしてしか戦略を立てられないもの。
心が囚われ、その魅力から離れ難くなるもの。

ババ抜きの時には、他の何にも代えられなくなる。
大富豪の時には、場の何よりも強いカードとなる。
そしてポーカーの時には、ワイルドカードとして、どんな姿にでも変えられる。

場の空気を一変させるこのカードには、道化師が描かれることが多いようです。
飄々と自由に立ち回り、洒落や冗談で周りを和ませたり、または権力を相対化したりする道化師。
『リア王』の宮廷道化師しかり。
「フェリーニの道化師」しかり。
『烈火の炎』のジョーカーしかり。(こいつはしかも関西弁だし)

この存在は、我々JOKERSのshowのイメージと近いものがあります。
昨年度は、コッテコテの「オカン」が登場しました。
その前は、星一徹ばりの「ちゃぶ台返し」が行われました。
過去には、女装したダンサーや、牛に小便をひっかけられたギャンブラーや、ハリセンで叩かれるドラム狂が登場したことも…。
いずれにしても、正統派のマーチングバンド・ドラムコーがひしめく中で、我々JOKERSは少しスパイスの効いた演奏演技を行ってきました。

img_4745.jpg

昨年度、我々はそんなshowを引っさげて、マーチングバンド全国大会に出場することができました。
そこで、全国各地の友人たちに、こんな言葉を貰いました。
「やっぱり、JOKERSがいないと面白くないよ!」
「他のどのチームにも真似できないJOKERSが大好き!」
本当にありがたい言葉です。
「強く、愛される個性」を、マーチング・ドラムコーファンの皆さんが受け入れてくださる事に、我々はこれ以上ない喜びを感じています。
皆さんのおかげで、昨年度もJOKERSを成立させることができました。

しかし、その道のりは決して平坦なものではありませんでした。
JOKERSは、学校や団体などの支持母体を持たない、完全な一般ドラムコーです。
また、参加に際してオーディションもありません。
ですから、参加メンバーの経歴や実力は全くバラバラです。
ある人は、DCIやDCAでドラムコーの真髄を学んできました。
ある人は、JOKERSに入って初めて歩いて楽器を吹きました。
ある人は、それまで吹いていた木管楽器を置き、JOKERSでビューグルと出会いました。
ある人は、中学・高校時代に経験したマーチングの喜びが忘れられず、JOKERSの門を叩きました。

そんな、年齢も経歴も凸凹なメンバーが日曜日に集まり、自分ができることとできないことを少しずつ出し合い、磨き上げながら、共に「JOKERSスタイル」を作り上げてきたのです。

20151013_5593

あらかじめ決められた数のスポットに必要なメンバーを当てはめるのではなく、メンバーとなってくれた人のために必要なスポットが新たに用意される。
我々は、そうやって、昨年度のメンバーの個性をshowに組み込んできました。

いよいよ、4月8日の新年度入隊説明会を皮切りに、2018年度JOKERSがスタートします。
今年はどんな個性と出会えるのか。
皆さんの個性が、JOKERSをどう変えてくださるのか。
我々は、見学者の方が来てくださるたびに、トランプゲームでジョーカーを引いた時のようなドキドキ感を味わっているのです。
他の誰とも替えがきかない、あなただけのスポットを見つけに来て下さいね。

メンバー一同、皆さんのお越しを、心よりお待ちしております!

コントラバス 山本
IMG_3015

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です