若者のすべて

こんにちは。

お久しぶりです。バリトンユーフォパートの木村です。

前回のブログで英語の表記ミスがあったとかなかったとか。
「あぁ、ほんとうに恥ずかしいし、申し訳ない。」
という凄まじい本人の懺悔を聞くまで気づきもしなかった私は、
「どんまい。」というほかなかったです。

今でも「b」と「d」や「p」「q」を書くとき一瞬ペンが止まる私としては、なんとも苦笑いしかできない一件でした。

さらに先日、メンバーのひとりが四国を形成する県を4つ言えない事が判明し、
「Indigoesは?」と言ったら
「あ、徳島か。」と言っているのをきいて、どこまでドラムコー馬鹿なんだろうと引きました。

こんなメンバーが心の底から大好きです。

さて、お盆が終わり予定の確認をしていると、なんともう今シーズンの練習が半分も終わってしまったことに気がつきました。

本番の日は別として、体育館に集まり、トラックから楽器やプロップを下ろして、ポイント貼って、ストレッチして、、
という我々の「当たり前の日曜日」ももう折り返しに向かっているんだと実感してしまいました。

真夏のピークは去り、気がつけば夜は涼しく、秋の虫が鳴いており、coenではもう夏物のセールが終わりました。
さみしい。

1

このように、メンバー皆で練習できる日というのはほんとうに少ないです。貴重です。

そして当たり前ですが、日曜日や祝日の練習だけで自分の目標とするパフォーマンスを再現することは難しく、
平日をどのように過ごすかでショーのクオリティは大きく変わってきます。

この貴重な練習日をどのように迎えるか。これはキャリア関係なく大きな課題です。

確認や練習の時間をいつもより多くとれば、全く違う音、動きとなって成果が現れます。

本人が気づいていなくても、まわりにはわかります。

逆に、少しでもサボれば見事に表に現れます。
止まることは現状維持ではありません。むしろ下がっています。

これは下りエスカレーターに逆向いて乗ってるようなもので、
上手くなるため、前に、上に、次のステップに進むためには
下ってるスピードより早いスピードで進まなければなりません。

しかもJOKERSでは自分のとなりのエスカレーターを、自分より高い位置にいるベテラン達が駆け上がっていきます。

焦ります。

自分はあの人を抜かなければならないのに、下にいるのに、
あの人は自分より重い荷物をもって駆け上がっています。

今年は、特にそれを感じます。

5

自分にも荷物が増えてきました。
それは不要な「お荷物」というわけではなく、大切なものです。
任されている重要な荷物も、自分の個人的な貴重品もあります。

重いです。なので今までより努力しなければなりません。

そんなとき、私が頑張ろうと思える理由は2つあります。

ひとつは、必ずまわりにメンバーがいてくれることです。
そばではなくても、同じ方向を向いています。

4

そしてもうひとつは、「客席のお客さん」です。

むかし話芸の天才、上岡龍太郎が、
「客を笑かすことは中毒になる。自分が笑かしてるという実感があるから芸が磨ける。
自分の芸で客席が笑いで波打つ。あれを一回経験してしまうともう止められん。」
と言っていました。

喜んで頂いている姿、歓声、拍手が原動力です。
中毒です。
あの感覚が全てです。

いま、おそらくメンバー全員が
早くショーを見せたい!とうずうずしています。

まだまだ磨くべきところは多いです。
しかし、楽しみです。

さて、我々も楽しみにしている2016年JOKERSのショーを、初お披露目できる記念すべき日はご存知でしょうか。

「2016マーチング・イン・オカヤマ」

日時 : 2016年10月10日 (月・祝)
開場 8:30
開演 9:00

会場 : 岡山市総合文化体育館

で、ございます。
前日の9日には商店街でのパレード、街角、公園での立ち演奏も行います。

ぜひ、9日、10日共に晴れの国岡山へお越しください。

ちょうどぶどうの季節ですね。
デミカツ丼も美味しいです。
岡山駅前にも美味しいラーメン屋さんがありました。

ぜひ、JOKERSを縁に岡山を楽しんで下さい。

6

また、練習の見学はいつでも受付中です。
春とはまた違うJOKERSを是非見に来て下さい。

では、季節の変わり目ですのでお体にお気をつけて。
オカヤマでお会いできるのを楽しみにしております。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

バリトンユーフォパート
木村 友譲

2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です