関西大会にて

前記事に、こう書いてあります。

「…あくまで「リハーサル」である日曜日には,実はいくら努力をしても絶対に完璧なショウは完成しません。なぜなら,そこには大事な大事な最後のメンバーが欠けているからです。
「The last piece」ーそれは,他の誰でもない観客の皆さん。」

この言葉を思い起こさせる、お客様との素敵な「出会い」(「再会」という言葉の方が、より適切かもしれません)が関西大会の当日にありました。
会場を見学してから練習に戻る際、ひとりのご婦人が私たちに声をかけてくださいました。

「わたしのこと、おぼえてる!?」

−「もちろんです!」
8月27日に出演した「枚方まつり」に遊びにいらっしゃった女性でした。
その方は、Jokersはもちろん、マーチングをご覧になったことすら初めてとのことでしたが、私たちのパレードに興味を持たれて、演奏終了後、声をかけてくださったのです。
加えて、関西大会のことをお話すると、「わかった!行くわ」とおっしゃいました。

そして当日。本当に来てくださったことに、メンバーは大興奮。
本番を前にして大いに励まされました。

「お客様に喜んでもらいたい」

それはメンバー全員が共有する願いです。
しかし、実のところ、喜びが大きいのは、このように暖かいお客様に出会えたわれわれの方ではないか、と思います。
いただいた声援のおかげで、Jokersは来る12月20日の第43回マーチングバンド全国大会への切符を手にすることができました。
与えられた機会をしっかりと享受し、より大きな喜びを
お客様と共有するために、Jokersは歩き続けます。

最後になりましたが、当日応援に来てくださった家族、友人、そして、名前も存じ上げませんが、暖かく素晴らしい観客の皆様。
勇気、元気、感動を、ありがとうございました。



 

 

 

 

 

 

番外編 / A day with Jokers 〜関西大会編〜

11月3日ー快晴。第37回マーチングバンド関西大会当日。
ここ数日の寒さは影を潜め、じんわり汗ばむようなカンカン照りです。
わたしたちJokersは、「舞洲アリーナ」改め「府民共済スーパーアリーナ」に集合しました。
トラックに積んだ楽器・小道具類を下ろし、組み立てます。

 

 



そのあと、いつもの練習のように、
朝のストレッチ、ベーシックに取り組みます。

 



 

実際に動いて確認するスペースがないので、音楽の部分を集中的に確認します。

こまかく、厳密に、正確に、何度も…
このこだわりこそ、お客様にアピールしたい部分です。



 

 

みんな大好きなお昼ご飯。
こころなしか、リラックスした表情のなかにも緊張の色が見えます。
我らが隊長は悠然とサンドイッチを頬張っていらっしゃいます。(テーブルはショウのために作った小道具です。)



衣装に着替え、最終リハーサル。
ストレッチは入念に。

すべての準備が終わったら、集まって心を整えます。
最後に雄叫びをあげます。
「お願いしまァーーーーす!!!!!」

 



黄色いジャケットに身を包み、いざ、本番。
リハーサル室に入ってからはあっという間です。
ショウはたったの8分間。
汗だくで、フィールドを後にするジョーカーたち。
その表情は満足げだったり、どこか悔しそうだったり。
見据える先は、もう、次の本番です。



…おっと、季節外れの男が写り込んでいますね。
道に迷った彼が次に向かうのは、

Drum Corps Japan-The 23rd All Japan Championships
11月29日@日産スタジアム

第43回マーチングバンド全国大会(←New!!
12月20日@さいたまスーパーアリーナ

でございます。

関東で再びお目にかかるのを楽しみにしております!

 

Baritone/徳永 惇士