Home Coming Day 2015

こんにちは僕です。Sopranoのヨネです。

大変遅くなりましたが今回は先月のHCDの報告をさせていただきたいと思います。

 

 



Home Coming Dayとは、おもに大学で卒業生が年 1 回母校を訪れ再会する同窓会のようなもので、その時にキャンパス内にさまざまな飾りを施したり、催し物や模擬店を出したりするそうです。

JOKERSのHCDもメンバーの家族や友人、OB・OG、そしてJOKERSを応援してくださっている方々が気軽にJOKERSを目的に集まれるようなイベントになれば…と思い、このような名前をつけさせていただきました。

そのHCDも2015年で4回目を迎えることができました。

これもJOKERSの活動を応援し、支えてくださっている皆様のおかげです。この場をお借りして心から感謝を申し上げます。

 

 

HCDは毎回の反省、様々な方の意見をもとに、より良いイベントをめざし改善をしてきました。

改善点の一つとして、今回のHCDでは整理券を配布させていただきました。
例年シーズンを締めくくるイベントとして冬の寒い時期に開催しますので、開場前にゲストに並んで待っていただくのを心苦しく思っておりました。整理券を受け取っていただき、開場までの間はお車や屋内で待っていただきたいと思い、はじめさせていただきました。
ところがうれしいことに、たくさんの方に整理券配布待ちで並んでいただき、用意した整理券も配布開始直後に配り終わってしまいました。

目的を改善できたのかは次回に生かすとして、今年も寒い中お待ちいただき、ありがとうございました。

 

 

今年もファンファーレで始まり、HCDでしかやらない、大会の規定や枠組みに囚われないSub SHOWの『恋の行方 From The City Light』(米原フィールドアートではダイジェスト版をやらせていただきましたが…)、メンバーが構想から作り上げるアンサンブル。

今年もJOKERSらしい個性的な演奏で会場を沸かしました。

 

そして今年も徳島インディゴゥズの皆さまにゲスト出演していただきました。

HCDには今回で3年連続で来ていただいているのですが、今年も素晴らしい演奏で会場を盛り上げていただきました。

ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。笑

 

いくつかのアンサンブルを挟んだのち、今年のMAIN SHOW『Mirror Mirror』。

このSHOWは数百時間のリハーサルを積み重ね、もっとも成熟した状態をHCDでパフォーマンスさせていただきました。野球やサッカーではないですがHOMEでやるSHOWは格別に気持ちがいいもんです。

 

最後に合同演奏です。合同演奏参加のために遠くから来てくださった方やOB・OG、そしてインディゴゥズの皆さまと共に。

 

写真が全くなく、つたない文章だけで申し訳ありませんでしたが、HPに当日の写真をUPする予定ですのでご期待ください。

 

 

さて、少しでもJOKERS楽しそう。わたしでもJOKERSできるかな?と興味を持たれた方は練習見学にお越しください。見学はいつでも受け付けております。HPのJoin Usからお申込みください。メンバー一同首を伸ばしまくってお待ちしております。

共にHOMEでやるSHOWの気持ち良さを味わいましょう!

 

 

終わり。