怒涛の二日間

どうも、ソプラノのユーちゃんです。

 

いよいよジョーカーズのメインショーを最初に披露する本番マーチングインオカヤマまで1ヶ月もなくなりました。

練習もそれに向かってどんどん熱が入ってきて、今週は土曜日日曜日と二日間練習が入ってきてます。

 

土曜日の練習は歩き方の基礎(ベーシック)やパート別の練習に多めに時間を割いており、基礎を見直す機会となっております。

しかし!基礎だからといって決して甘い練習ではありません。

むしろ基礎だからこそとことんしんどいことをやったりもします。

1日目のベーシックは楽器をひたすら上げたり下げたりしながら歩きました。

これが長時間続いていくと、重い楽器の人にとってはもはや筋トレです。

コントラバスビューグルの人にとっては外から見ている分には筋トレを超えた何かにしか見えません。

ですが重い楽器を持ってるからといって他の楽器の人より手を抜いていいわけではないです。

ベーシック中のバリトンやユーフォニウム、コントラの人たちは鬼気迫るものがありました。

ソプラノやメロフォンの人たちもその勢いに負けられません、というかヌルいベーシックをやってたら彼らに気で殺されかねません、負けじと最速で楽器を上げ下げします。

 

2日目の練習になると、僕みたいなおっさんは当然前日の練習の疲れがまだ残っています。

その疲れを誤魔化すためにいつも以上に元気を出して(るふりをして)、いつも以上の(無理やり)声を張り上げます!

それしか2日間のしんどい練習をやり過ごす方法を知らんのだよ。

 

次の練習は秋合宿、同じ2日間に渡る練習となりますが密度はそれ以上、密度がそれ以上となるとそれ以上の元気が必要になります!

元気出していきましょう、○ーザイ!

と、こんな感じで我々ジョーカーズはマーチングインオカヤマに向けて全力投球真っ只中であります。

写真がないのは全力投球真っ只中で撮る暇もなかったからです、ええ(言い訳)。

 



 

唯一あったのがこの写真です。

ソプラノパートのミーティングでお菓子をみんなで分け合って食べてる写真です。

本番間近でも通常営業のソプラノパートでした。