練習にかける思い!

こんにちは。コントラ2年目こふみです。どうか、写真だけでも流し見していってください!!!

 

 

 

たくさん方々の支えのなか、今週も無事に練習を迎えることができました。
全くもって当たり前ではない事実。本当にありがとうございます!



 

25日の練習はHome Coming Day(2月11日)の会場と同じ体育館 野洲総合体育館 でした。

 

 

この日の午後は主に本番当日の段取りを確認しました。
実際の流れを想定しながら動いていくと、今まで気付かなかったこともたくさん出てきました。

 



「この目の前の席に、お客さんが座るんだなぁ」

 

と想像しながら、見える景色や音の響き、足元の感覚などをしっかり記憶に刻みつけてきました!

 

 

よく利用する体育館ではないので、体が受ける印象も新鮮で、それをカバーする集中力や想像力が試されているような一日でした。



↑2013ローワーTシャツ!

(Lower:低音楽器パートのことです)

車に乗ったバナナさんは合同演奏の曲でもある「You’ll Never Walk Alone」を吹いています。

なぜ車かって?…愚問ですね( ´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

—-食事、入浴、睡眠で疲労をリセット—-

 

 

 



 

さーて、26日の始まりです。

 

 

2日目の練習になると、コントラの中にちっさいオッサンがたくさん入ってくるため楽器が重いです。

 

 



↑メロフォンさんは「カラータイツの日」だったそうな! Oh, キャラフル!





 

ふぅ。
メンバーそれぞれに、練習を通して潰せた課題、新たに生じた課題、まだまだ自覚できていない課題があるかと思われます。

 

 

残り少ない練習時間でどれだけのモノを創りあげることができるのかは、個々の力に託されています。

どのメンバーにも等しく責任がのしかかっています。

 

 

 

迎え入れるお客様に、JOKERSを楽しんでもらいたい。もっともっと、上を目指して。もっともっと、より良いショーを…

 

そんな一心でこの2日間を駆け抜けました。

 

 

 

 

 

私は昨日、改めて “前で話す人” の影響力を実感しました。

 

「今日の目標を定めて、必ず悔いのないように」

と、発信者の気持ちとともに音声として頭にインプットされるだけで、一日の生産性があがるような…感じがします。

 



一日の始め・練習の合間・一日の終わり

 

どの場面でも、団体で動いている限り仕切る人が必ず存在します。

それ以外の人間は、前の人に対して常にアンテナを張り、協力的に動く必要があります。

 

 

 

 

 

影響力というと、パフォーマンスにおいても共通するものがあります。

 

他者に影響を及ぼす力、すなわち空間を握る力というのは、ショーマンには欠かせません。観客席が主導権を握るような発表会はヤです。

 

私たちに夢中になれよ!!

 

これに限ります。

逆算していくと、淡々と、かつ確実にこなしていかなければならない作業が見えてきます。

 

 

 

 

 

 

もう本番は目前、今シーズンの解散日まであとわずか。

 

 

2月11日、14時より!

\会場にてお待ちしております!

 

 

 

以上、パンフレット制作に追われているコントラこふみでした。



ではノシ