夏が暑いのではなく暑いから夏なのである

そろそろ本格的に暑くなってまいりました、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

ソプラノの良心ことユーチャンです。

 

こないだ、車に乗って練習へと向かっていた時、途中でお祭りの準備をやっていました。

すると同乗者の方がそれを見て、「ほう、あれが盆踊りとやらか…」とかつぶやいていました、彼女は一体何者なのでしょうか。

 

すみません、身内ネタでした。冒頭にも書きましたが暑さが半端ないですね。

各人、練習中にぶっ倒れないようにしっかりと熱中症対策しなければなりません。



おすすめはやっぱり水筒、たっぷり氷を入れて持って来れば練習中にも冷たいドリンクが飲めます。

ペットボトルなんかで持って行った日にゃものの数分でホットのスポーツドリンクの出来上がりです、くそまずいです。

あと、僕は今まで熱中症とやらになったことはなかったのですが、この間初めて頭がくらくらしてきました。

ですが頭にタオルを被って日差しを避けると楽になりました、こうしたちょっとした対策でもなんとかなるもんなんですねーまあそれでもダメな時はダメなんでしょうが…。

また、パート練習は外なので、日焼け対策等々もしないと大変なことになります。



しかし中には、笑顔で裸で練習して体中真っ赤になっている超越者もいます。

 

外は外で炎天下、しかし体育館のなかはこの世の地獄です。

何十人ものメンバーが体育館のなかを所せましと歩き散らかし吹き散らかし叩き散らかし踊り散らかすのですから、そりゃもう蒸し風呂状態でじっとしているだけでも汗が噴き出て溶けてなくなります。



我々Jokersは下の人間が上の人間に奉仕することによってお互いにうちわやタオルなどで扇ぎあうというみんなの優しさでその暑さに立ち向かっていきます。



しかしやはり限界はあります、このように暑さのなかで練習を続けると顔がどんどんおかしくなっていきます。

 

 

とはいえ、やはり練習は楽しいですね、もちろん暑いのは嫌いですししんどいですが、「あっつーだるーしんどー」みたいなノリも含めて、暑さそのものをその場の空気と一緒に楽しむのが重要なんだと思います。

重要というか楽しくやっていれば自然とそうなりますね、やっぱりそういうのが楽しくてドラムコーやってるんだなーとか思った今日この頃でした(小学生並みの感想)。

 

だからこそ、帰って飲むビールが美味すぎる!犯罪的だ!染み込んできやがる…体にっ……!

 

長くなりましたが、ソプラノライン常識人代表ユウジローでした。

See you next time!!