Drumって何やねん!

こんにちは~(^▽^*)/

Drumのうつぼちゃんこと田坪です。

ついにJOKERSの今年度のメンバー募集期間が終了しました。

新しくメンバーに入られたみなさん、改めまして

JOKERSへようこそ!(^▽^)/

年度が変わればメンバー個人の環境がごろっと変わります。

それに伴い、

わたしの所属する”Drum”パートも

去年度のメンバーは22人いましたが、

就職、仕事、学業などなど
続けたくても、物理的に続けられない環境になったりなどの理由から
今シーズン最初の頃はんなんと半分の11人・・・。
やっぱり少し心細くなりましたね。

でも、3月から今シーズンが始まり、

本当にたくさんの人がJOKERSに見学・体験に来てくれました。

ありがとうございます!!

体験はもうできませんが、見学はいつでも大歓迎なんで、
気が向いたらかる~い気持ちでもいいんで、ぜひ見に来てみてください。

そしてDrumパートの人数は最終的になんと、
26人!!!!!

ただ単に人数が多けりゃいいってもんでもないですが、
やっぱり一緒に同じ打楽器が好きな仲間が増えると
テンションあがりますね♪

で、さっきからDrumに22人とか26人とか
人数多すぎちゃうかと思った人もいるかもしれませんね。

最近はFaceBookやらmixiやらTwitterやらいろんなSNSから
何かしらの縁があってうっかり飛んできて、
マーチングやDrum Corpsってなにかよく知らない人も
このBlogを見てくれてたりすると思います。

日本ではマーチングやドラムコーはまだまだ知名度が低く、

マーチングって聞いたことはあるけど何かいまいちわからへん、

JOKERSって何やねん、Drumって何やねん!

そう思いながら見てくれてる人もいるんじゃないかと思います。

なので私はそうゆう人にもちょっとでも
JOKERSの、特にDrumの魅力を知ってもらって
興味がもてるようなBlogを目指して書いていこうと思います。

とゆうことで、今回は私の所属する

”Drum”の紹介をします(*^^*)

一般的にDrumとゆうと

軽音のバンドなどでよく見かける、
ドラムセットを想像すると思いますが、
JOKERSでは

・Battery
・Front Pit

の2つのパートをまとめた打楽器パートの事を
”Drum”
といいます。
そのDrumの中のBatteryとFront pitが

どうゆうものなのか、ざっくりとした説明をしようと思います。

☆Battery(バッテリー)☆
一言でゆうと、

めちゃくちゃカッコイイパートです(≧▽≦)

打楽器を叩きながら、列を作りつつ、歩いたり走ったりします。
Batteryをさらに細かく説明すると

Snare(スネア)      ・・・小太鼓。

Bass Drum(ベースドラム) ・・・大太鼓。

Tenor Drum(テナードラム)  ・・・大きさの違う5つの小太鼓がつらなってる太鼓。

Cymbals(シンバル)    ・・・シンバル。

列を作って並ぶとこんな感じです。手前からスネア×4, テナー×2, シンバル×3で並んでいます。

(Bass Drumはこの後ろにいます)
 
☆Front Pit(フロントピット)☆

Front PitはJOKERSの中で、唯一歩いたり走ったりせずに
打楽器を演奏するパートです。

歩きながらでは演奏できない大きな楽器を演奏したり
繊細な音楽を奏でて曲を盛り上げるのには欠かせないパートです。

そして他のパートは同じ楽器の人数が最低3人はいますが、
Pitパートは常にソロ!!

おいしいですね♪

★鍵盤打楽器
マリンバ   ・・・木琴。
ビブラフォン ・・・大きい鉄琴。
グロッケン  ・・・小さい鉄琴。

★太鼓
ティンパニ   ・・・音階を調節できる大きな太鼓。
Drumラック   ・・・一般的なドラムセットとほぼ同じ。
コンガ、ボンゴ ・・・海外の民族楽器の太鼓。

★その他にも
ウインドチャイム、タンバリン、ギロ、トライアングル、
シェーカー、マラカス、ビブラスラップなどなど
言い出したらきりがないくらい多い 雰囲気を盛り上げる打楽器!


練習風景
次回は1つづつ、それぞれの楽器を
さらに詳しく紹介したいと思います(^^)

長々と書いてしまったので今回はこの辺で。