あれもしたい これもしたい

みなさん、暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

我々も、マスクや手指の消毒に加えて、熱中症対策を行いながら練習を進めています。

 
マスクをしながら過ごす夏は初めて経験です。
情報番組で、楽器を吹く為に開発されたマスクというものが取り上げられていました。
リコーダーや鍵盤ハーモニカなど、制限されていた音楽の授業内での使用はとても効果的かと思いますが、マーチングや吹奏楽では深い呼吸ができるのか不安ですね。
しかし、今までにない工夫が施されておりこのマスクで安心される方は多い様に感じます。
 
 
このような楽器演奏の為のマスクや夏でも冷たく感じることのできるマスク、お化粧が崩れないマスクなど様々なマスクが開発されています。
文房具やキッチン用品もですが、日本のものづくりの気合いは凄いなぁ、と驚きます。
 
JOKERSのShowの中で、プロップと呼ばれる大道具や、様々な小道具を使用します。
SNSやブログの写真にもたまに登場している時があるかと思います。
ああいった道具を作るときも、効果的で経済的で持ち運びのしやすいものをと考えてつくります。
 
色々考え悩み答えが出ないとき、色々なものを見ます。
演劇、ミュージカルなどの大道具はもちろん、工具や家具、カタログ、ホームセンターなど、意外なところに答えがあるんです。折り畳みのできる浴槽の蓋だったり、足で開けるゴミ箱だったり、ねぶた祭だったり、ランチパックだったり。
結局先人の、他人のアイデアですね。ゼロから何かを作り出すのは難しいです。
 
 
JOKERSのShow作り自体も同じです。とくに我々のShowはイメージやテーマはあれど、曲もストーリーもオリジナルなため本当にゼロからの制作です。
決まった元々存在する曲をするなら、同じ曲を使ったマーチングのShowや映画、CMを見ればヒントが得られたり、良いアレンジなどは真似できるかもしれません。
まぁ、「比べられる」事もありますが…。
 
JOKERSのShowはゼロからの、完全オリジナルのShow。
過去にも、おそらく未来にも無いShow。
 
 
色々な素晴らしいアイデアと、素晴らしい知識と、たまにあほみたいな思いつき(閃き のほうが感じいいか)がたくさん詰まったShow。
 
出来上がるまで、どうなるかわかりません。なので私たち自身も楽しみなのです。「あの団体が19xx年にやってたShowをする!」なら、だいたい仕上がりも想像できます。
良いものである自信はありますが、どのようなものになるかは本当に楽しみですね。でもしかし、必ず毎年楽しいです。期待を自分で裏切ります。ナルシストの様ですが、自分達でつくるShowが大好きです。
大好きだから、おススメしたくなります。
 
 
JOKERSでは、シーズンを通して練習見学を受け付けています。お申し込みはJOKERSホームページの投稿フォームからお願いします。
感染症対策、熱中症対策を充分行っています。
 
是非JOKERSをよく知ってください。人の数だけ、団体の数だけ、楽しみの種類があります。
 
こんな時期だからこそ、いろんな楽しみを見つけて下さい。そのなかに、ひとつ、黄色いものがあれば幸いです。
 
そして、今年も本番があります。
見学の時に見たものが、どのような仕上がりになっているのかお楽しみに。
そしてまた次の本番も。
 
 
楽しみは尽きません。
あれもしたいし、これもしたいし、もっともっとしたい。
限られた時間の中ではありますが、目の前の材料を最大限に工夫して、利用して楽しみを作っていきます。
 
見学と本番で会えるのを待ちしています。
 
Bugle Line 
木村友譲