Life with JOKERS

こんにちは、しょーんです。

本格的に暑くなり始め、熱中症が危惧され始めています。

つい最近、僕が知った言葉で「油照り」という季語があります。

「油照り」とは、空が薄雲に覆われているけれど、風が吹かず蒸し暑くて、じっとしていても汗がだらだらと出てくるような感じのことを言うそうです。

まさに。いやー、暑い。

さて、今回は練習日記ではなく、jokersに所属しているメンバーに仕事を取り組むためのモチベーションについてインタビューをしてみました。

この記事を書くに至ったのは、自分が来年就活生になるからです。漠然と企業への就職を考えていますが、jokersもなるべく長く続けたい、でもなんとなく仕事をするのもなぁと考えており、葛藤が多いからです。

長く続けているベテランの皆さんは、どのように両立を図っているのか、数名僕の大好きで尊敬に値するベテランメンバーの先輩に聞きました。

まずは、バリトンビューグルを吹くお姉さん。

ルーキーの頃からお世話になっていることもあり、今も頻繁に相談に乗ってもらっています。

「仕事も趣味もやりたい事の選択に妥協しない」
仕事も趣味も、選択する 行動する時には”人生一度きりの中で今しか出来ない事”かどうかで選んできました。私は運良くやりたい仕事とJOKERSが環境的(居住地、休日等)に上手く噛み合っているので、問題はありませんが、仕事を選ぶにあたって趣味と同様 好きな事を選ぶという事に妥協したくないと考えています。

日曜日は趣味に思う存分どっぷり浸かる為に、平日もやりたくない仕事にストレスを抱え日曜日のJOKERSを待ちわびるより、休日と平日をそれぞれに打ち込めるくらい仕事も”やりたい事”に出来たらいいなと考えています。まぁ現実は頭の中はJOKERS優先の思考回路になってますが、もはや長く続けている今はJOKERSありきの仕事、仕事ありきのJOKERSみたいな感じになってます。

ありがとうございます。

ではもう一名。

ソプラノビューグルを吹く僕の大好きな大好きなおっちゃん。

日曜祝日が休み、学歴不要な技術職という安直な理由で、歯科技工士という仕事を選びました。自分にとっては、JOKERSを所属し続けることが当たり前になってきているので、何か続けるために努力していることはないです。

週6日残業が続いて、十分な睡眠が取れなく体力的に限界が来ても、日曜日の練習で気力が満たされるから大丈夫ですね。逆に練習休む方が、平日の仕事のクオリティが下がってしまいますね。(笑)

仕事の疲れも、イライラもパワーブローに繋がり、マーチのエネルギーに変換されています。

といった感じです。

お二方、インタビューに答えていただき、ありがとうございました。

お二方とも、自分がルーキーの頃からお世話になっているので、今年で4年目の付き合いになります。お二方に共通しているのは、JOKERSを、趣味を、果ては人生を思いっきり楽しんでいるなぁと思います。そうやって楽しんで没頭している姿に、僕はかっこいいなぁって憧れてしまいます。

僕がどんな会社に就職するかもわからないですし、まずこの社会情勢で望ましい会社に就職できるかもわからないです。「就職氷河期」なんて言われていますからね。

「自分の人生のゴールはどういったものなのか」

しっかり自己分析をして、就活に備えようと思います。ガンバリマス。

以上で、今日のブログはおしまいです。

どうでしたかね。あくまでもこれはメンバーの数だけあるJOKERの生活を2人ピックアップしただけですよ。隊に所属しているJOKERの人数分、生き方があります。そんなJOKERそれぞれのメンバーのことをもっともっと知ってもらえるようなブログを、これからも更新していきます。お楽しみに。

皆さん体調にお気をつけてお過ごしください。

ではまた、しょーんでした。