ようこそ。

2016年5月31日(火) AM12:06 | お知らせ

JOKERSでは5月29日日曜日の練習を持ちまして、2016年シーズンのメンバー募集を締め切らせていただきました。

3月から本当にたくさんの方に、見学に来ていただきました。ありがとうございました。

残念ながら今年は入隊できないという方も、どうかぜひ客席、沿道で2016年のJOKERSを盛り上げて下さい。
再びお会いできるのを楽しみにしています。

メンバー募集時期に関わらず、見学の申し込みはシーズン中いつでも受け付けています。

また、いつでもドラムコーを感じにいらして下さい。
お待ちしております。




JOKERSには様々なパートがあります。

息を吐くことによって、くちびるを振動させ、その振動を楽器で増幅させ音を出す。
すなわち、楽器を「吹く」ことによって音楽を作るパート。

10

そんなパートにも、
1番高い音がだせるやつ、
ベルがでかくて丸いやつ、

7
こちっとした見た目それでいて重いやつ(1番好き。)
それより長くてもっと重いやつ、

11
そもそも管体もベルもでかくて重いやつ、等々

たくさんあります。


楽器をスティックやマレットと呼ばれる棒状のもので楽器を「叩く」ことによって振動させ音を出したり、楽器どおしを「叩き」合わせることで音楽を作るパート。

9

それを歩きながら行うパート。

6
ちいさいものがいっぱいついてるやつ、

5
それぞれ大きさの違うでかいのを担ぐやつ、
高い鋭い音が響くやつ、
キラキラシャッみたいな真似したくなるやつ、

歩いているメンバーより前でそれを行うパート。

2

コミカルな楽しい音がでるやつ、
シーンが変わる時やバラードのとき重要なやつ、
木や金属の板が並んでいていろんな表現ができるやつ、

Evernote Camera Roll 20160530 144102
でっかい丸い金属の板で曲の終わりにかっこいいやつ、
でっかくて低音が響く音が変えられるやつ、
ガスボンベ 等々

それぞれもっとありますが、


そしてその出来上がった「音楽」と共に
美しく、クールに、面白く、可愛く、
演技するパート。

8

バサッと舞いひらひら綺麗なやつ、
くるくるそして上になげてキャッチしたり
真似できないようなかっこいいやつ、

3

ショーの中での登場人物を演じる
何にでもなりきれる楽しく注目されるやつ、
牛、馬、網タイツの金魚、ムース、頭蓋骨振り回すやつ
等々、、


客席に1番近く、唯一客席に背中を向け、
合図、号令、指揮によるテンポを出す人物。
ドラムコー馬鹿。(褒め言葉です。)

4
…..多くは語りません。


その音楽、演技の基盤となるものを考え、作りあげて行く中でも様々な案と指摘を内からも外からもしてくれるメンバー。
まさにBrain。

1
厳しく、楽しく、ストイックで、お茶目で、優しく、信頼できる方々。


毎週、直接練習場所へ向かうのではなくある場所で車を乗り換え、
我々の財産ともいえる楽器や備品が積まれたトラックを運転してきてくれるメンバー。

Evernote Camera Roll 20160530 144102


どこかが抜けてもJOKERSは成り立ちません。




今、JOKERSをかたち作っているのは、
この様々な役割を担う一人一人のメンバーです。





そして嬉しいことに、ひょこっと練習に顔を出してくださる、苦しい時にさっとかけよってくれる、かつての仲間。

私が大好きなショーのあのソロ吹いてた人!!とか。笑
国外からたまに急に電話かけてきてくれる人。
泣きながらさよならしたのにケロッとすぐ飲みに誘う人。
今は遠いところにいるけれど目標の人。


JOKERSには
役割の違ういろんなパートが存在するように、
年齢も出身も仕事も性格も違ういろんな人います。

皆それぞれ違うし、それがいいのです。


ルーキーのみなさん。
あなたはその一員になりました。
JOKERSを形作る大切な1人、かけがえのない1人です。
今シーズンともにショーを作ってゆくこと、
とてもわくわくしてます。



今シーズンはどんなシーズンになるのでしょうか。


仲の良いメンバーがこんなことを言っていました。


「あー今年のかき氷は、美味しい気するわ。」


ちょっとよくわからんけど、
こういう雰囲気だけのぼやきをしてくれるメンバーが大好きです。



来週は結団式です!!
練習とは違うメンバーの顔がみられるかも、。
ご期待ください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

バリトンユーフォパート
木村 友譲

Evernote Camera Roll 20160530 144102

ラストチャンス

2016年5月24日(火) PM11:37 | お知らせ

image1

気づけばもう5月も終わります。メンバー〆切まであと一回の練習になりました。
一度見学に来ていただいた皆様、ラストチャンスです!

ここで、私が最近感じた話をさせていただきたいと思います。

image6
私は今年で入隊して4年目になります。
私は同じパートに同期はいませんでした。
しかしパートにはキャリアをたくさん積んだ方たちがたくさんおられました。
JOKERSの信念、楽器への思い、生き方、何から何まで吸収することがたくさんありました。
私がもし入隊するのが遅かったら一緒に歩けていなかったと思うと本当にあのとき入隊してよかったと思っています。

同じパートに同期がいなかった分JOKERSでの同期の存在は大きいです。
私の入隊した年の同期は他の年代に比べ、人数が多い年代です。
image5
励まし合ったり、ふざけ合ったり、時には叱ってくれたり
すごく信頼できる仲間であり
私にとって熱く語ることができる仲間です。

その同期たちと
先週の練習後にブログのネタを考えているときに
「なぜ、JOKERSを続けているのか」という質問をしました。
みんなは今さら何を言うのかと笑いながら口を揃えて「好きやから」と答えました。

そのときは当たり前か。と思ったのですが、
年齢も職業も違い、JOKERSを知ったきっかけが違う人達が、
JOKERSが好きだからという共通点で日曜日集まっている。ひとつのshowを作る。
それって凄いことだな~と感じました。

JOKERSに入隊していなければきっと出会っていなかった方々ばかりだと思います。

長々と書かせていただきましたが
最終何が言いたいのかと言うと、
2016年シーズン、たくさんの人とshowを作りたいんです!
素晴らしい日曜日を共有したいんです!

一度見学に来ていただいた皆様、
貴重な日曜日に見学に来てくださりありがとうございました。
あなたと是非一緒に歩きたい!とメンバー一同思っています。
もう一度見学に来て下さい!お待ちしております!

色々な理由で離れられたOBOGの方々。
たくさん悩まれて決断されたのだと思います。
私の同期もそれぞれの決断をして何人か減りました。
特に今年はゴッソリ抜けました。
正直、すごく寂しいです。思ってた以上の何倍も何百倍も寂しくて自分でもびっくりしました。
でも、嬉しいことに先週同期が帰ってきました。
また一緒に歩けること、また一緒に日曜日が過ごせると思うとワクワクしています。

あの頃一緒に歩いた仲間が待っています。
是非、また一緒に歩きたいです。お待ちしております。

最後に、
私の同期があるメンバーからいただいた言葉があります。

「今シーズンJOKERSに入隊すると決めた時点で、あなたにはJOKERS史上最高のshowをする権利が与えられているのです。」

いま自分にもてる時間の中でなんとかするのではなく、
「自ら時間を作り出し努力する」ことが毎週日曜日のリハーサルに対して、私たちが行うべきこと。

すべてはbig performanceのために。
JOKERS史上最高のshowをするために。
自分たちが楽しむために。

image4

そぷらの みえ

Jのカラーガードを続ける理由

2016年5月20日(金) PM6:19 | お知らせ

おはこんばんちは。

あたりめとえいひれがマイブームですが、
皆様如何お過ごしでしょうか。    

見た目は子ども、味覚はおっさん
カラーガードのしょーちゃんです。      

突然ですが、皆さん。 何か続けていることはありますか?  
毎日日記を書いてる とか
筋トレは欠かさない とか
ご飯は野菜から食べる! 
とか 探せば何かしらあると思います。  

逆に、
高校まで吹奏楽を続けていたけど
大学に入ってから楽器のケースさえ
触ってない…という人もいるでしょう。    

 

今日は、私がJOKERSのカラーガードを
続けている理由について
勝手にお話したいと思います。     初めてJOKERSのshowを見たのは
2012年の関西大会でした。  

中高とマーチングをしておりましたが、
出演側なので改めて
他団体の演技を見る機会はなく、
高校卒業ぶりのマーチングに
そわそわしていたのを今でも覚えてます。    

色んな団体を見ながら、
「やっぱりマーチング好きだな~」
などと懐かしさに浸っていた時に
突然目に飛び込んできたのは
「黄色」を纏った塊。     「みんな!おまたせ!!」

と会場に呼びかけるように手を振っている
その黄色たちを見た時の第一印象は、
「なんだこいつら!(鳥肌)」でした。
(当時の先輩方すいません)    

全国出場を競う大会で
彼らは恐らく緊張しているだろうに、
その緊張でさえも楽しもうとしているのが
自由席の端から見ている私にも
痛いほど伝わってきました。  

特にカラーガードに関しては、
JOKERSが伝えたいことを
髪の毛の先から足の指の爪まで
すべてを使って表現しているように感じ、
瞬きさえも忘れて見入っていましたが、
気がつけば涙が頬を伝っていました。  

目が乾燥してたわけではないです。
感動の涙です。    

ふざけているようで真剣、
おちゃらけているようで超絶イケメン、
かと思いきや、艶やかで美しい。
様々な感覚が暴力的に
私の中に入り込んできます。    

何日経っても興奮冷めやらぬ私は
その勢いでさいたまスーパーアリーナへ
全国大会を見に行き、
気がつけば見学希望メールを
鼻息荒めで送っていました。    

その後、紆余曲折ありましたが、
JOKERSへの情熱が冷めないままに
2014シーズン、やっとこさ、
深海よりもディープなJOKERSの世界に
私は飛び込んだのです。     今シーズンで3年目になる私ですが、
ここまで来るのに何度も挫けました。

心が折れる音を何度も聞きました。
数えきれないほど、
目を腫らして泣きました。

自分が情けなくて仕方ありませんでした。  
「そんなに辛いなら 辞めてしまえばいいじゃない?」  
そう仰る方もいらっしゃると思います。

しかし、自らこのいばらの道を選ぶのには
いくつか理由があります。      

「常識にとらわれないshowと
そのshowを彩るカラーガードの表現」
    JOKERSのshowの魅力のひとつといえば、
そのメッセージ性の強さにあると思います。  

一つの人生物語を見ているような感覚。  
さらにその表現のために
カラーガードは多様な役になりきり、
showをさらに華やかにします。     そのために使用する手具も様々。

私も今までに、
骸骨ステッキを振り回し、
トランシーバーを片手に走り、
松明をぶん投げたりしました。  

こんな機会、
JOKERSのカラーガード以外では
得られないと自信をもって断言します。      

「黄色い声援」     初めてフィールドに立ったときに驚きました。  

こんなにもたくさんの「黄色い声援」が
私たちに送られているのかと。  

本当に多くの人が
JOKERSのshowを楽しみにしてくれているのです。  

特にカラーガードは、
表現法の一つである私たちの「表情」を
観客に確実に届けるために
顔と視線を観客席へ(あるいはそれより上へ)
向けていることが多いのですが、
その分観客の「表情」も
よく見えているのです。  

私たちが表現しようとすることが
伝わった時の快感。  

会場と一体となった時の高揚感。  

ほんっっっとうに、アツいのです。

皆さんにも一度感じてほしい。

しかし中毒性があります。えへへ。      

「仲間」    

写真1    

一年を通して一つのshowを作り上げる私たちは、
嬉しい時も辛い時も楽しい時も共有する
ある意味「家族」のようなものです。  

show作りにおいて、
信頼関係は不可欠。

心から愛する仲間ばかりです。

    写真2

乗り合わせ

JOKERSには練習場所へ向かうための
車の乗り合わせが存在します。  

私の居住地域では、一年間固定メンバーで
練習場所を行き来することが多いです。  

乗り合わせメンバーに対する
特別な思いについては、
バリトンの友譲氏が
Lost His Way そして…
で熱く語ってくれています。  

今では別の乗り合わせになってしまいましたが
いつまでも特別な仲間です。     同期

2014シーズンに入隊し、
今シーズン3年目になる人間は
私一人ではありません。  

年齢も経歴も性格もパートも違いますが、
同じ時を共有した大切な仲間です。  

様々な理由で入隊時よりも減ってしまいましたが、
「就職決めて帰ってくる!」
「来年こそは戻るから待っとけよ!」
と言ってくれる奴らがいるので
まだまだやめられません。笑    カラーガード

show作りのために切磋琢磨しながら
いつも一番近くにいるのが、
カラーガードのメンバーです。  

大好きなJOKERSですが、
今まで辛いこと、いっぱいありました。  

転勤で入隊を迷っていた時に
背中を押してくれたメンバー。  居住地が遠方過ぎて
みんなと平日練習できず躓いた時に
仕事終わりに夜遅くまで、
または貴重な土曜日を犠牲に
練習に付き合ってくれたメンバー。   辛い時、嬉しい時
一緒に泣いてくれたメンバー。   こんなに素敵な人たちと
大好きなJOKERSのshowを作っていける「今」が
私の一番の宝物だと言っても
過言ではありません。     しんどいことは勿論ありますが、
それよりも沢山の喜びを与えてくれたのが
JOKERSでした。  

この素敵な時を、
もっと沢山の人と作っていきたいと
メンバー一同願っています。      

さて、カラーガードでは、
あと「4人」のメンバーを募集しています。  

JOKERSでは入隊までに原則として
最低2回の見学が必要です。  

〆切までの練習日は5/22、5/29です!  

兎にも角にも急募なのです!  

詳細は以下のリンクよりご確認ください。  

Join Us    

JOKERSは今、
あなたの一歩踏み出す勇気を
必要としています。  

少しでも興味がある方、
とりあえず!!!!
見学にお越しください。    

メンバー一同 あなたに会えるのを
心よりお待ちしております!!!!!     カラーガード しょーちゃんでした。

 

ノシ

合宿後の日曜日

2016年5月11日(水) PM10:06 | 練習日記


5月8日(日)、合宿から3日後。
今日もJOKERSはアツい日曜日を過ごしました。
一週間のうちに4日間も、一緒の時を仲間と共有できるなんて幸せです。

そんな日曜日の様子をお送りすのは、battery2年目の中川です。
はじめましての方も、そうでない方も、最後まで楽しんでブログを読んで下さると嬉しいです!



JOKERSにはドラム、ビューグル、カラーガードと3つのパートがあります。
さらに、ドラムには
フロアで歩きながら演奏するbattery、
フロアの前で様々な打楽器を置いて演奏するpit
があります。

その中でも、今回はbatteryに焦点を当ててお送りします!
(pitについては Front Pit!!!! のブログをご覧下さい)



JOKERSのbatteryには、スネア↓



テナー↓



ベース↓



そして、シンバル↓



の、4種類の楽器があります。


木管楽器出身の私としては「4種類しかない」と感じますが、
4種類しかなくても、それらの楽器が集まると
実に豊かな音楽が奏でられ、その表現の幅の広さには感動を覚えます。




頭を使って、身体を使って、何度も練習を繰り返します。
おもしろい。
難しい。
でも、だから、楽しい。




さて、普段の練習の様子はここまで!

ここからは
ちらっと、こそっと、ちょっぴり、たーくさん、
休憩時間や練習後のbatteryの様子もお伝えします!!



お昼休憩中。
ご飯を食べ終わり、コンテの予習。



だんだん仲間が集まってきました!
コンテの読み方を教えてもらったり、
曲とコンテのタイミングを確認したり。




練習が終わった後は、





また練習。笑
練習時間内に出来なかったことを
みんなで確かめて共有する、大切な時間です。


練習後の疲れを吹き飛ばすかのように
全力で飛んで跳ねて、声だして、
あんたがたどこさをすることもあります(稀です)。




ゆっくりくつろぎながらお話しできるのも、練習後の楽しみのひとつです。






少しは練習中以外のJOKERSも知っていただけたでしょうか?

ぜひ1度、練習に来てみてください。

練習中も、練習後も、
その様子を目で見て肌で感じて下さい。

メンバーになるには、募集期間中に2回の練習に来る必要があります。
5月15日(日)、5月22日(日)、5月29日(日)
チャンスは後3回!

詳細は下記URLよりご確認下さい。
現在検討中の方もまずはお気軽にご相談下さい!
http://jokers-dbc.org/join_us

あなたに会えるのを楽しみにしています!!




(battery 中川)

春合宿 其の参

2016年5月10日(火) PM7:51 | お知らせ

今日は合宿3日目です



合宿3日目ということで日焼けヒリヒリ、体バキバキ…
しかし!今日は3日間お世話になった施設の方々に向けての本番が控えています
この本番は2016年JOKERS最初の本番です







最後には施設の方々からアイスの差し入れをいただきました!
3日間いじめた体にアイスが染みわたります、練習後のアイスは最高です
ごちそうさまでした!!!!!


この3日間、いっぱい体を動かしていっぱい楽器を吹くことができて
なにより大好きなメンバーと過ごすことができてすごく楽しくて充実しました


合宿が始まるときはあんなに緊張して帰りたいと思っていましたが
いざ合宿が終わるとやっぱり寂しいです



3日間で作り上げたShow
今シーズンかけてお客さんを楽しませることのできる、自分たちが楽しむことのできるShowを作り上げていきます

楽しめる、楽しませることのできるShowを私たちと一緒に作り上げていきませんか?
練習はしんどいです。決して楽ではありません。
私たちがしんどい練習をすればするほどShowのクオリティーは上がります。
クオリティーが上がればお客さんに楽しんでもらえます。

私は本番の時のお客さんの歓声・拍手・笑顔・笑い声をあびると、
しんどい練習・プレッシャー・悩みがあったとしてもすべて洗い流されます。
やっていてよかったと感じます。
そしてなにより、本番の時のメンバーの姿が私は大好きです。
本番前の緊張感、ドキドキワクワク
この緊張をメンバーと共有する姿
スイッチを入れている姿
いままでの練習を振り返る姿
フィールドに入ったときの景色、黄色いものが見えた瞬間
お客さんの歓声、拍手…

ここには書ききれないです。
言葉で伝えるのは難しいです。一緒に感じていただくのがはやいかと…(笑)

春合宿は終わりましたが、まだまだメンバー募集中です!!!!!!!
ぜひぜひ!!!!!!見学にお越しください!!!!!!!!!お待ちしております!!!!!!!



ソプラノパート みえ

春合宿 其の弐

2016年5月9日(月) PM9:43 | 練習日記

JOKERSのブログをご覧のみなさん

おはこんばんちは。



実家に帰ると妹に
「お姉ちゃんアスリートの体やな」と
言われます。

カラーガードのしょーちゃんです。



合宿2日目のカラーガードに焦点を当てて
お伝えしたいと思います。



前日の深夜練の疲れを引きずり
テンションが朝から崩壊の
カラーガードメンバー。



天に召される5秒前ですかね。


待ちに待った(?)朝ごはん。



「食べないと倒れる」
そんな恐怖からか、
無心でご飯をかっこみました。



2日目は雨天の予報でしたが
私たちの心配をよそに
文句なしの快晴




きりっと冷えた空気が
心地よいストレッチ。


ストレッチ後は
お決まりの柔軟と筋トレ。

この日はフロントピットの
メンバーと一緒に
カラーガードオリジナルの
腹筋をしましたが、
フロントピットの見学者さん曰く
「この日の練習の中で
腹筋が一番ハードだった」
だそうです、お察しください。


そのあとはライフルを回したり
フラッグを振ったり。



とにかく基礎の基礎の基礎を
ひたすら体にぶっこみました。


そしてこの日は!
ついに!
振り付けがつきました!!

超難しかったですが
超楽しかったです。
お察しください。


手が震えて
とんかつが掴めない
お昼ご飯のあとは…





みんな大好き!
コンテ組み!

見学者とルーキーは
混乱して涙目でしたが
必死の形相でかじりついてました。


いいね~いいね~~~


あっという間の午後練習。



デザートのオレンジが嬉しくて
頬張っちゃう女子(26歳)



夜は、ボディワークを
徹底的にやりました!



くるくる
ぴょんこ!!



この日の締めくくりは
メインショーの合奏!!



ここ数年で
一番のかっこよさ!
(某ワインの評価的な)

これからどんな肉付けが
されていくのか
私たちメンバーも
楽しみです。


そのあとは各自練習したり
お風呂に入ったり
お菓子パーティーや
酒盛りタイムです。




非常に辛そうなことをされてる
ビューグルさんとか




可愛いぬいぐるみを
押しつぶさないように
プッシュアップをされる
ドエムなCさんとか。



私はこの合宿中の
ある目標を達成すべく
朝日がのぼるまで
練習しました。

無茶できるのは
今しかない!


午前3時の休憩…




こうして合宿2日目は
自分自身の成長と
体力の限界を感じながら
幕を閉じました。

春合宿 其の壱

2016年5月8日(日) PM10:44 | 練習日記

おはこんばんちは。

GW?何それおいしいの?(^p^)

JokersはGWといえば、ニ泊三日の春合宿ですよ!!!

という訳で1日目はDRUMLINE(バッテリー、ピット)のメンバーよりお伝えしたいと思います!

合宿一日目の朝!





三日間メンバーと一緒に過ごせるのを楽しみにしているメンバー。
最近の練習つづきのせいで体力が回復せず、空元気を出しているメンバー。
ベテランに春合宿はキツいと聞いてドキドキしているルーキーや見学者。(^^;)

メンバーはそれぞれ色んな心境で朝を迎えていました!



宿舎にチェックインして、練習開始!

午前中はサーキットトレーニングやbasicなど体力を使うメニューでした!
合宿ということで、いつもより少しハードでした。(汗)
自分の身体を存分にいじめました\(^^)/



午後はパート練習。

Batteryのスネア、テナー、ベースドラムは楽器の叩き方を再度説明を受けました。
そして、叩いて叩いて叩きまくりました!

全員が同じ規定で叩くことによってビジュアルにもサウンドにも統一感が生まれます。
沢山の規定をしっかりと意識しながら叩いていきます。

教えてもらった後は、自分たちでお互いの叩き方を確認!
メンバーのそれぞれの課題を発見していきます。



シンバルは別の場所で窓(鏡)を使って自分達の姿勢の確認しました!

その後は全員でアップをし、Batteryの午後の練習は終わりです!


drum lineの他のパートも見ていきましょう

Pitは多くの見学者さんが合宿に参加してくださり、経験者から未経験者まで集まり、せっかくの機会にと基礎を固めました!

 


keyboard percussionを並べ、持ち方、叩き方、ストローク等を一からただストイックに叩きました。

Rackも並べ、テンポキープやリズムを学びます。

Rack=ドラムセットやん、と思われると思いますがただリズムをきざむだけでなく、メロディーに合わせてkickを踏んだりするので悪戦苦闘…
ドラムコーにおいてはかなり重要なポジションなので非常にやりがいのある楽器です!

その後基礎曲、showの曲をさらいました。
Marimbaは4本撥を駆使する事、
Vibraphoneは右手はメロディー、左手はリズムといった難しい譜面に挑戦、と
それぞれのセクションならではの練習を取り組みました。

あと、合宿のタイミングにしかできない事もあります。
毎年毛布を干したり楽器のメンテナンスをしたりします。

私は部品を入れる入れものの修復をすべく夜中にひたすら縫い物をしていました(笑)
お裁縫スキルもっと極めなきゃ…としみじみ思いながらただひたすら針と糸と布との戦いをしました(笑)



1日目の練習が終わったあとは、春合宿恒例の自己紹介!




メンバーも、見学者の方も、みんなのことを知るきっかけとなる時間でした。


その後は、JOKERS選抜じゃんけん大会!!
次のshowのセンターを決める…のではなく
明日、明後日の朝食準備の担当を決めます!笑
大事な睡眠時間を確保するべく(?)本気のじゃんけんでした!




合宿1日目、これにて終了!
以上、drumlineのすぐる・藤嶋・中川でした!

Front Pit!!!!

2016年5月7日(土) PM5:27 | 練習日記

FrontPit とは…

 


ドリルの前、または横などに様々な打楽器を置いて演奏する。
ドリルに参加しないため、歩幅を合わせて歩くなどマーチング的要素はほとんどない。
しかし、逆に歩きながら叩かなければならないという制限がなく、実に豊富な種類の打楽器を演奏できるともいえる。

基本的に奏者それぞれの担当楽器が異なり、奏者それぞれの譜面も異なる。
多彩なピット楽器によりさまざまな音色が生み出され、全体の曲を華やかにするという役割も持つ。
ドリルにはほとんど関係がないピットだが、演奏面においては、なくてはならない存在といえる。

(Wikipedia先生より抜粋)

マーチングにおけるピットの音楽的役割は
吹奏楽でいえば木管楽器
オーケストラでいえば弦楽器
といえるほど音楽的効果では重要な役割となります。


Jokersでは主にKeyboard Percussion(鍵盤打楽器)とConcert Percussion(一般的な打楽器)を使用します。

鍵盤打楽器はMarimba、Vibraphone、Xylophone、Glockenspielを使用。

Marimbaは4本のマレットを使用し、メロディーから低音部、細かい旋律をきざみます。



 

Vibraphoneは響きのあるサウンドを出し、ペダルを使用しながら主にメロディーを担当することが多く、時にはソロも演奏します。(毎年showでソロがあったり…)

 



 

Xylophone、Glockenはここぞというアタック音やメロディー等で使用されます。



 


サイドにSuspended CymbalやFloor Tom、様々な小物楽器を置き、マルチに演奏する事ができます。
シーズンによっては必要に応じて過去にはクロテイル(アンティークシンバル)を使った時もありました。
打楽器は主にTimpani、Rackと呼ばれるドラムセット、コンサートB.DやGong(Jではどんちゃんと呼んでます)を中心に演奏します。

Timpani
JokersのTimpaniは2台で使用します。ペダリングを駆使し、2台なのに4~5台あるかのように演奏できます。


Rackは骨組みに取り付けられたドラムセットでshow全体のリズムをとるには重要な役割となっています。
必要に応じてジャムブロックやカウベルなど取り付けます。

 

B.DとGong、通常「どんちゃん」と呼ばれる楽器群はここぞという盛り上がりに必要とします。特にファーストプッシュ(冒頭の盛り上がり部分)やクライマックスではなくてはならない存在です。


Jokersでは様々な小物楽器も使用します。


タンバリンやトライアングル、カウベル等豊富に揃えています。

もちろんコンサートS,Dや合わせシンバルも使用します。


特殊楽器も使うのもPitの特権でしょう。
過去に鳥笛やAnvilを使いました。
ちなみにAnvilといえば鉄の何か…と思われですがJokersではこれをを使用しました(笑)



 

 

ここでPitパート練習日一日の流れを解説します!

 



朝、トラックから楽器を積み降ろし、組み立てる。
トラックには多くのPit楽器を積んでおり、必要な楽器を出し、メンバーで協力しあって組み立てます。



 


ストレッチ、なわとび(これまでのブログでかいてるとおりのため割愛)

ピット練と呼ばれる腕のストレッチを行います。
もはやストレッチなのか筋トレなのか(笑)

サーキットトレーニングやベーシックをしている最中、Pitはこのトレーニングを行っていますがなかなか鍛えられますよ(笑)


基礎練習は主に持ち方、ストローク、奏法、スケール、、、
をやっております。

地道な練習ですが合わせてやってみて、合うとすんごい楽しいんです。
まさにアンサンブル!


Jokersは現在全パート急募です!
FrontPitも絶賛急募です!!

Pitパート現メンバー全員が社会人なので社会人ならではのお悩みなど相談のります!笑

●鍵盤打楽器が好きだ!
●マーチングしたいけどドリルで歩く自信がない
●打楽器が好きだけどマーチングの経験がない
●体力に自信がない…

大歓迎です!!

勿論Pit経験者もいますがこれまで弦楽器や木管楽器経験者から入った人、ピアノの経験はあるが打楽器は未経験、
もちろん吹奏楽、オーケストラでは経験あるがマーチングはほぼ未経験(中学時代のカレッジスタイルのみ経験。しかもバッテリー)だった私も今や3年目突入してます(笑)

しかも社会人になって数年経ってから入隊した私なんでブランク、年齢ネガなんのその!
30、40、50代~でもできますよ!

未経験者でもすぐに溶け込めるのがFrontPitの魅力だと思います!!



そしてPitパートはとにかくアットホームで仲が良い!フレンドリー!
お誕生会したりプライベートでご飯行ったりよくします。

showではドリルに注目がいくのでPitはあまり見られない…と思われがちですが
演奏だけで釘付けにできるパフォーマンスがPitの特権!
「JokersのFrontPitかっこええ!!!」
と言わせたい!!いや、言わす!!

見学できる日はまだまだあります。
Pitでは全楽器を触れる事が可能です。

見学、お待ちしております!!



FrontPit
すぐる