全国大会 in さいたまスーパーアリーナ

2015年12月25日(金) PM5:35 | 練習日記

 

 

 

 

ついに私たちJOKERSに残された2つの本番のうち、

1つの本番全国大会が終わってしまいました。

 

 



 

 

私にとってこの本番は、

どんどん1シーズンが終わりに近づいていく寂しさ、

練習してきたものを出し切りたいという思いの緊張、

またこの舞台でできるという楽しみ、

たくさんの気持ちがこもった本番でした。

 

 

全国大会は私たちがshowをする本番の中で

一番大きく、一番多くの人に

見てもらえる本番です。

 

 

失敗しないように、、、と焦る自分と、

今までしてきたことを出し切れば大丈夫!!と言い聞かせて、

必死に落ち着かせようとする自分。

 

しかし、そんなことも

幕が開いた瞬間のたくさんのお客さんと

そこから送られる大きな歓声を聞けば飛んで行き、

楽しみ!!という気持ちでいっぱいでした。

 

 

私は今年このメンバーで、この舞台でshowをして

たくさんのお客さんに見てもらえたことが

とても楽しく、嬉しかったです。

 

そんな中で、大好きなJOKERSのメンバーと

全国大会の舞台で歩くことは幸せでした。

10分間のshowは一瞬で、

一歩ずつ大切に大切に、

お客さんに伝わるように演奏、演技しました。

 

 



 

 

「本番ももちろん楽しいけれど、本番後の写真撮影での

みんなの笑顔が素敵だった」と言っているメンバーもいましたが、、、笑

 

私はその後メンバーとお酒を飲んで、

良かったことも悪かったことも

笑って話しているときが幸せです。

 

本番や日曜日の練習だけでなく、

本番後の写真撮影や本番後のご飯、

新幹線で話したりそんな時間も大切で、

みんなと共有することも大切だと思っています。

 

 



 

 

全国大会のもう1つの楽しみが

違う団体で頑張っている仲間に「全国大会」を通して会えることです。

私には高校の友達が他団体にいるのですが、

普段会えない仲間に会って

高校時代の話をしたり、本番を終えての感想を話したりすることが

大会の楽しみの1つです。

なので、マーチをしていて、JOKERSをやっていて、幸せです。

 

 


 

 

次の本番は2月20日に大山崎町体育館で行うHCDです。

(入場無料です!!)

今シーズン最後の本番となりました。

「Lost His Way」だけでなく、

HCDだけでしか見られないshowも!!!!!!

 

 

まだまだパワーアップして

お客さんを笑顔にできるように頑張ります!!!

 

 

HCDまでの残された時間を大切にして

もっともっと楽しみます!!!!

 

アルトのあすかでした!!!!!

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

Drum Corps Japan~フライヤーに魅せられて~

2015年12月5日(土) PM3:55 | 本番

まずはじめにDCJとは…

 



 

 

国内におけるG管ビューグルを使用するDrum&Bugle corpsのための大会、
Drum Corps Japan、通称DCJなのです。

 

 

 

マーチングの大会といえば

国内では体育館のアリーナやイベントホールで開催されてる印象が多く、
私個人としては大阪ドーム(京セラドーム)や甲子園球場で経験はありますが、

 

DCJはかの有名な横浜の日産スタジアム。
これだけ広大なるフィールドでshowをする事を想像するとなんだか演奏するのが気持ちよくなりますね。

 

 

 

審査は一般の審査(客席での審査)に加えて

フロアジャッジと呼ばれるフィールド上で審査をする方がいます。
我々はそれぞれのセクションを細部まで審査されるのです!

 

 

部門はAny key(G管ビューグル以外の管楽器を使用する団体)、Division2(小編成)、Division1(大編成)とあり、

 

JokersはDivision1に出場しました!

 

 

 

…と無知な2年目FrontPitのすぐるが語る_(:3 」∠)_

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



11月29日(いい肉の日)

Jokersは新幹線で横浜へ!
世界遺産、富士山が車窓からみえるもメンバーは体力温存のためにお休みしたり、

動画や譜面、コンテを見て本番に備えたり、小道具制作やヴィジュアル(お化粧直し)を整えたりと

それぞれ「本番」に向けて備えております。

 

 

横浜に到着し、日産スタジアムへ!

 

 

例年、フィールドに足を踏み入れ、フィールドの確認をするのですが今年は開催時間の都合によりできず。


また、これまでイン岡や関西大会では外での音出しができましたが

DCJでは音出しは不可。
それぞれストレッチ、ベーシック、ドリルの確認をしたり各パートできる範囲内で本番に向けて調整します。

 



 

 



 

 



 



 



 


そうです。JokersにとってDCJは「ぶっつけ本番」なのです。



 



 



 


いかに音出し等できない環境下でいざ本番でどれだけ出せるか試される本番とも私は勝手に思ってます。



 



 



 


でもいざ黄色を羽織ると本番モード。おらわくわくしてきたゾ

 

 

フィールドに上がれば見渡すと黄色い声援に包み込まれる。

 

 

独特のアナウンスにテンションが上がる!

 

 

 

 

 

JJJooooookeeeeeeeeeerssssssssss!!!!!!!!!!!
ワァッーーーーーーーーー!!!!!

 

 

 

 

DCJは屋根のない広大なフィールドで青空のもと思いっきり演奏できる。
これは気持ちいい。

 

 

DCJはとにかくお客様が温かい!!

 

気分はまるでスポーツ観戦。

 

寒い気温もなんのその。本番終わると体温が上がってるのは気のせいですかね。

 

フィールド横で写真撮影をした後、後の団体にも敬意を持ち、応援を忘れないのもJokers。

 

 

それから楽器を戻した後、
これからがもう1つのDCJの本番、

リトリートである。



 

Jokersはある形をしております。

 

 

リトリートとは閉会式、及び表彰式。
DCIではお馴染みであり、各corpsのメンバー全員が参列します。

 

 

ただし、DCIは8月の夏真っ盛りですが

DCJは11月末開催。気温が下がり、秋から冬に向かう季節。
すなわち、寒い。

 

 

そんな中で屋外のスタジアムで、パレードレスト(コールがかかればテンハット)を約1時間のリトリート。

 

 

 

うおおおおおおおおおお

 

 

 

また、今年はshowにおける「ある男」によるサプライズが起こり、

 

 

笑ってはいけないリトリートとなりました(笑)

 

 

その後積み込みして帰路へ。

 

 

リトリートでは様々な表彰があり、
ハイパーカッション賞とか、ハイヴィジュアル賞などそれぞれの分野で優れたcorpsに表彰があり、
リトリートの後には各Divisionにてめでたく1位となったcorpsによるウィナーズコンサートがありました。

 

 

しかし、私達は賞や肩書きよりも

 

 

その場にいたお客様を楽しませる事が何よりも一番の目的であります。

 

 

今回もご支援下さったOBOGの皆様、関東在住のファンの皆様、関西他各地から横浜まで応援にお越し下さったファンの皆様のお陰様で素晴らしいshowをDCJで披露する事ができました!

本番後、各方面から沢山のお喜びのお声をいただきました。

これがあるからまだまだ頑張れる!

 

 

次回は12月20日(日)
さいたまスーパーアリーナにて全国大会です。


さいたまスーパーアリーナに「あの日」が訪れ、
「あの男」が君臨します!!

 

FrontPit
岩田潤子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P.S お気づきの方もいらっしゃると思いますが、今年のDCJのチラシ(フライヤー)の表紙を飾ったのはなんと…!

 


我らがJokersのDrumMajor(以下DM)、

 

 

 

 

 

 

 

 


星田英利…否、☆ゃんさんではありませんか!

 

 

 

 

チラシが公式に広報された途端、Jokers関係者は大騒ぎ!

 

 

昨年は鏡の精となったDMは、おそらくDrum&Bugle corpsにおけるDMの「鑑」として採用されたのではないでしょうか(笑)


JokersのDMは毎年どこかであッと驚くパフォーマンスをしております。
次の全国大会でそのパフォーマンスにご期待を!