あの日がやってくる。

2015年4月28日(火) PM5:35 | お知らせ, その他

 

こんにちは僕です。Sopranoのヨネです。

 

いよいよあの日々がやってきます。

そうです。SHOW DAYではなく合宿です。


JOKERSでは春と秋に合宿を行っていて、春合宿は基礎作りという大切な役割を担っています。

かといっても、最近の合宿では基礎だけではなくHCD(Home Coming Day:JOKERSの主催のイベント)でパフォーマンスする曲やコンテなど盛りだくさんなメニューを行っています。

ルーキーはもちろん、長年チームに籍を置く者にとっても、今週の平日は浮足立って過ごしていることでしょう。

しんどいことをこなすだけではなく、自ら考え行動し、濃密な時間をメンバーと共有することによって、合宿が終わったころには体力やスキルだけではなく、今シーズンをやり通す自信が身についています。それほどJOKERSの春合宿は楽しく過酷で意味のあるものなのです。


春合宿中でも見学はできます。まだ間に合いますのでHPの下部にあるMail Formからお申し込みください。

また、今シーズンのSHOWメンバーとして入隊をするには2回以上の見学が必要です。今年はあと合宿の3、4、5日と10、17、24、31日が練習日となっております。

見知らぬ環境に飛び込むのは勇気がいることですが、気軽に見学にお越しください。

 

休みの日の使い方がわからない、休みの日は体を動かしたい、休みの日に遊ぶ友達がいない。

そんな方にはJOKERSという劇薬を処方します。

ともにJOKERS中毒者になってフィールドを歩きましょう。

見学申込み、お待ちしております。

 

 

 

終わり。

Show up,JOKERS!!

2015年4月24日(金) AM10:01 | その他

前の団体の演奏演技が佳境に入る。
熱気の高まるスタジアム。
拍手と歓声で送られる演者たち。
一方ではいよいよ自分たちの出演時刻が迫る。
これまでのお互いの過程を称え合うメンバーの姿。
築き上げた信頼感を握手に変え,テンションを高めるメンバーの姿。
その目に光るものをたたえつつ,ショウに向けて気持ちの整理を終える…。
 


 

古今東西で幾度となく繰り返されてきたマーチング大会での光景。
我々JOKERSもその例外ではありません。
しかし,他のチームとは一味違うJOKERSの本番前!!
メンバーのあちらこちらから出る言葉,それが…

「お客さん,わろてくれはるかなあ」

皆さんは,JOKERSのショウをご覧になった経験はありますか?
思い返せば,自分が初めてJOKERSに出会ったのは今から19年前のことでした。
当時高校生だった自分が受けたあまりにも強烈な印象!
JOKERSを観たことがある方にも,観たことが無い方にも,もっとJOKERSをよく知っていただきたい!
というわけで今回は,JOKERSのショウが持つ魅力をお伝えいたします!



 

手前味噌ではありますが,JOKERSの素晴らしいところに,何十年も一貫したコンセプトのもとでのショウ作りがなされていることが上げられると思っております。

まずは「完全オリジナル」だということ!
テーマ,楽曲,ドリルデザイン,振り付けや大道具小道具等の,ドラムコーショウにおける全ての要素。
それら全てがメンバーの手作りであるという,世界でも稀に見る(おそらく唯一無二の)チームなのです。


 


楽曲すら完全オリジナルであるため,メンバーは全く事前情報の無い状態から音楽を作り上げなければなりません。
当然頻繁に起こるドリルチェンジと譜面の増減。
過去には「ソプラノばっかりずるいな,コントラもかっこいいソロが欲しいな」などと呟いてしまった結果,本当にすぐソロが作られて右往左往したことも…。
チェンジ内容を正しくテーマに反映させるため,パートを越えたコミュニケーションが必要となります。
公私に渡り,酒の力を借り…。

全ては,自分たちが表現したい個性を,自分たちの手で正しく観客の皆さんにお伝えするため。
そして,自分たちの手で作り上げるからこそ生まれるショウへの思い入れとチームの一体感!
それが,我々の大きな楽しみなのです。

 



 

 

さらに,メンバー•スタッフが一様に「おもろいことをしたい」と考えているふしがあります。
かつて自分が初めてJOKERSを観たときに驚いたのも,この点でした。

時にはダミー人形にドラムを叩かせる。
時にはハリセンで殴打する。
時には女装する。
時にはダメ亭主をボロボロにする…。
他にも,これまでのショウ作りの過程には「さすがにやりすぎや」とお蔵入りになった場面も沢山あるのです。

それに加え,国境•老若男女を越えたわかりやすいショウ展開。
外国人ジャッジの方が声を上げて笑って下さることも少なくありません。
目指しているのは,時にはほろりとしつつも,つい口角を上げてしまう展開です。


 


観客の皆さんの中には,マーチングに明るくない方もいらっしゃるでしょう。
明日の仕事の心配をされている方もいらっしゃるでしょう。
日々の雑事や喧騒に疲れて暗い表情になってしまっている方もいらっしゃるでしょう。
そんな皆さん全員に,JOKERSのショウを観て笑顔になって帰っていただきたい!
それが我々JOKERSのモットーなのです。

 



 

今シーズンも,下は高校生から上はいい歳こいた社会人までが渾然一体となって真剣にふざけて参ります!

「お客さん,ようわろてくれはったなぁ」
と言えることを心待ちにしつつ…。


 


JOKERS
では2015年度メンバーを全パート大・大・大募集中です!!
現在JOKERSでは,下は高校生から上は五十歳代まで,幅広い年齢のメンバーが活躍してくれています。
年齢も住んでいる地域も経験も違うメンバーの共通点はたった一つ,ドラムコー・JOKERSが好きであるということ!!
未経験・ブランク,なんのその。JOKERSは,皆さんの力を求めています。
ぜひ一度,見学にいらして下さい。誰よりも充実した日曜日と,筋肉痛に襲われる月曜日をお約束します!!
そして,今シーズンを共に友として歩きましょう!!

次回練習・リハーサル・見学日は426()です!!
Contrabass
山本

JOKERSの1日

2015年4月20日(月) PM7:15 | 練習日記

 

 

 

 

こんにちは!そして初めまして。

アルトパートのあすかです。

 

 

初めましてなので

軽く自己紹介をさせていただきます!

 

 

私がJOKERSに入隊したのは

高校を卒業して

大学1年生になったばかりのとき。

そうです!丁度昨年の今頃!!

 

 

ワクワクしながら見学にきて

ニヤニヤしながら体験をして

ウキウキしながらJOKERSに入隊しました。

 

 

そして1年がたち、‘ルーキー‘から

‘2年目‘と呼ばれるようになりました。

 

 

そして今回は初めてブログをかかせていただくことになりました。

まだ2年目なりたてピチピチの私からの目線で

JOKERSの練習を紹介していこうと思います!

 

 

 

まず、JOKERSの練習は積み下ろしから始まります

 

 

私はこの時に1つ楽しみにしていることがあります

 

 

それはみんなと

「おはようございます」と挨拶をすることです

1週間にあったことを話したりわちゃわちゃしたり、、、

楽しい楽しい日曜日のはじまりです

 

 

 

積み下ろしがおわったら

点呼があり、朝のミーティングがあります

 

 

 

そして

 

ストレッチ

 



 

なわとび

 

とあります。

 

 

 

JOKERSのストレッチは音楽にあわせてストレッチをします

 

 

このストレッチも入隊したばかりのときは

覚えることが大変で見よう見まねでしていました

 

 

 

ストレッチ、なわとびと終われば

次は、、、走ります!!!!!!!

 

 



 

 

大っ嫌いな走ることも

みんなですれば楽しいものです!!!

 

 

 

今はしんどくても

かっこよく歩 けるようになるため、、、!と

ただただ信じて全力で走ります!!!

 

 

 

走ることが終われば

さぁ、次はベーシックです

 

 



 

 

見学者として見ていたときは

もうそれはそれはかっこよくてかっこよくて

口をあけてみていました

 

 

 

それを今では自分が見られる側に、、、

 

 

 

2年目もベテランの方に負けないように

全力で頑張っています!!!

 

 



 

 

見学者の方にも優しく丁寧に教えます!

 

 

 

 

そしてお昼ご飯!!!

 



 

 

お昼はみんなで仲良く

ワイワイとご飯を食べます

 

 

 

 

そしてお昼が終われば

パートに分かれてミュージックです

 

 



 

 

まずはブレストレーニングから始まり

ロングトーンなど基礎をします

 

 

細かいところまで突き止めます

 

 

よりよい音楽ができるように

より楽器をたくさんならすために

もっともっと!!と自分を追い込みます

 

 

 

ただただ楽器を吹くだけでは楽しくありません

よりよいパフォーマンスができるように

自分自身も、そしてお客さんにも

楽しんでもらえるように、、、!!

 

 

 



 

 

そして今日はパレードの練習もしました

 

 

ベーシックとミュージックの練習を

活かして吹いて歩きます

 

 

 

そして見つかった反省点は

また次の日曜日までに練習をして

次の日曜日にはさらにいいものを、、、!!

 

 

 

そして練習が終わればみんなで片付けをし、

ミーティングをして練習の終わりです

 

 

 

ただただ家でゴロゴロする休日よりも

素敵な仲間とたくさん体を動かして

過ごす休日は誰よりも充実していると思います

 

 

 

興味をもった方はぜひ!!!

お友達をたくさん連れて見学にきてみてください!!!

 

 

一緒に充実した休日を過ごしましょう!!!

 

 

 

 

 

We are all “JOKER” !

2015年4月16日(木) PM8:13 | その他

黒いハット。
黒シャツに黒ズボン。
黒地に金色の刺繍を施した前かけ。
黒い靴下を着用し,その上に履くのは黒い靴。
そして最後にはJOKERSのシンボル,黄色のジャケット!



皆さんが大会においてJOKERSをご覧になった際に,カラーガード以外のメンバーは上記のような統一された格好をしていたと思います。
 
しかし,一般マーチング団体であるJOKERSのメンバーは,まさに千差万別。
一人ひとりが様々な背景を持っているのです。
今回は,その背景と魅力をお伝えしたいと思います!

 

basic visual
 


 

JOKERSは一般マーチング団体として長年活動して参りました。
支持母体となる学校や団体があるわけではありません。
マーチング・ドラムコーを愛する数名のメンバーが数十年前に自費で立ち上げ,現在に至るまで,メンバー自身の力で運営を続けています。
JOKERSでマーチングをしたい」

これだけを共通点にしているからこそ,参加メンバーの育ってきた環境・経験・住んでいる地域・年齢と,全てがバラバラなのです。

 

basic music
 


 

中には…
中高でバリバリにマーチングをしていたメンバーもいます。
吹奏楽畑で過ごし続け,ほぼマーチング初心者だったメンバーもいます。
DCIDCAの歴史あるチームでドラムコーを学んだメンバーもいます。
マーチングはしていたが,木管楽器を担当していたため,JOKERSで初めて金管やドラム・フラッグを触ったメンバーもいます。
海外で生まれ,日本に留学生としてやってきてJOKERSに出会ったメンバーもいました。
驚いたことに,フラリと立ち寄った公園でJOKERSの練習を観て,それまで全く吹奏楽にもマーチングにも縁が無かったにも関わらず,惚れ込んで参加したメンバーもいました。

 

holy nine contras!!
 


 

メンバーの男女比は,年によってバラつきはありますが,大体半々くらいかと思います。
年齢も様々。下は高校生から,上は50歳代まで。
以前のブログでユウジョウくんが書いてくれましたが,平日の過ごし方も様々です。
学生がフレッシュにがんばっていると思えば,その隣では接待と報告書に疲れた営業マンもバリバリ歩いています。
かと思えば,葬儀屋で働くメンバーの隣を僧籍に身を置くものがかすめるといった,癒着を疑われそうな状態が生まれたり…。
出身地も関西だけに限らず,全国各地から集まってくれています。
そして,学生も,会社員として平日は重責を担うメンバーも,全く同じ練習を行うのです。

 

jump rope&color guard



 

かつて16年前に,大学生になりたての自分は,JOKERSの門を叩きました。
そこには,それまで過ごしてきた部活とは全く違う世界がありました。
様々な人生を過ごしてきた先輩たちの姿。
年上の大学生の話を聴き,会社員のメンバーの話を聴き,自営業のメンバーの話を聴き,公務員のメンバーの話を聴き,結婚したメンバーの話を聴き,親となったメンバーの話を聴き…。

大袈裟ではなく,そこには人生の全てがあったように感じます。

 

cymbal line



 

もちろん,そのような人達との出会いも面白いのですが,さらに面白く,そして難しいことがあります。
それは,千差万別のメンバーが,統一美を追究して均質化を目指すこと!
一人ひとりが全く違う個性を持つわけですから,本来は合わせられるはずの無い動きと音。
しかし,ドリルを繰り返す中で,少しずつ隣のメンバーの癖が分かるようになります。
そして,自分の事しか考えられなかった状態から,周りと協調することができる状態へと変化していきます。
シーズン終盤には,歩いているメンバー同士がまるで見えない糸で結ばれているように,絶対に破綻なく歩き終えられるだろうという感覚すら感じられます。
一人ひとりの背景が全く違うだけに,そんな状態までチームを成熟させるのは本当に大変です。
時には激しく争うことも…。
しかし,それを乗り越えた先に起こる化学反応は,社会人団体だからこそより大きなものになります。

それぞれが全く違う輝きを放つ“JOKER”が集まり作る大きな個性。
それが我々JOKERSなのです!

 

music rehearsal



 

さて,今年度も,既に沢山のメンバーが集まってくれています。
しかし,JOKERSはより多くの個性を求めています!
集まった個性が多いほど,均質化した際にはより大きな個性を観客の皆さんに見せられるからです!
未経験・ブランク,なんのその。JOKERSは,皆さんの力を求めています。
ぜひ一度,見学にいらして下さい。誰よりも充実した日曜日と,筋肉痛に襲われる月曜日をお約束します!!
そして,今シーズンを共に友として歩きましょう!!

まだまだ全パート募集中!!

次回練習・リハーサル・見学日は419()です!!
Contrabass
山本

ボーイズ・オン・ザ・ラン

2015年4月14日(火) PM3:51 | 練習日記

僕たちは今、

 

走って、走って…

走っています!



(練習メニューについては過去のエントリもご参照ください!)

6月から創っていくメインショウをかっこうよく演じるための基礎体力づくりなのです。

ところで、マーチングは有酸素運動です。特にビューグルは、呼吸できるタイミングも演奏する楽譜次第なので、タフな肺活量を要求されます。

いっとき、「ロングブレスダイエット」というのが流行りましたよね。独特のポーズで「フーーーッ!!」っと勢いよく息を吐き出す、アレです。それを、8分間のショウの中、フィールドを歩き回りながら続けるワケですから、これがエクササイズでなくてなんでしょうか。「楽器も吹きたいけど、体も動かしたい!」「痩せたい!けどたくさん食べたい!!」これらの悩みをお持ちの方、今すぐ見学申し込みフォームへ…!

閑話休題、ランニングメニューは自分の限界を押し広げていくためのものです。力を抜けばラクですが、最大限の効果は得られません。自分との闘い、です。メンバーはみな、それがわかっていますので、言われずとも気合いが入ります。モチベーションの上げ方はそれぞれ。静かに闘志を燃やす人あれば、奇声、もとい雄叫びをあげる人、下の写真はお気に入りの練習着でテンションをあげる、SopranoパートのYジローさんです。


全員に共通することは「キツい!」と悲鳴を上げながらも、全力を出し続けること。笑い声が絶えない、というのも大切な特徴です。ひきつっていても笑顔は笑顔。こちらはトレーニング後のBaritone パート、Yジョウくんです。



翌日は筋肉痛。ですが、それは自分と闘って、ちょっとずつ成長している証拠です。痛いけど嬉しい…(!?)社会人も学生も、ズキズキ疼くからだを引きずりながら日常に戻ります。

一般的に、日曜日は「お休み」です。けれど、私たちにとって日曜日は、アツいパフォーマンスをお客様に見ていただくための「リハーサル」です。平日も休日も本気で過ごす、私たちのリハーサルを、運動がてらにちょっと覗きに来てみませんか…??たくさんの方と、喜びと楽しさを共有できることをメンバー一同、心待ちにしております!

 

以上、Baritoneパート 少年でした。シーユー!

Color Guard!!

2015年4月9日(木) PM9:20 | その他

Showを演出・構成する上で、視覚効果を担当するカラーガード。

Jokersのショーにも毎年「テーマ」がありますが、
衣装やフラッグで色彩感を出す他、ビューグルやドラムの音に合わせて、
私たちは動きでテーマを表現をしていきます。

 

 



カラーガードといえば、やっぱりフラッグ。
カラーガードの「カラー」とは、「色」ではなく「国旗・軍旗」を意味します。
※ドラムコーの起源が軍隊にあるように、カラーガードの起源も警護隊からきています。

 

 



カラーガードの起源が警護隊なだけあり、
銃の形を模したライフルもショーの中でよく使用される手具の1つです。
これらはただ掲げて歩くだけではありません。
くるくる回しながら、時には空中へ高く飛ばしながら、
ダンスをしながら、より高度な技を繰り広げるよう練習を重ねます。

 

衣装やフラッグも鮮やかで、派手な動きをするカラーガードは、
一見華やかなパートに見えるかと思います。

 

しかし、Showの中で目立つ分、失敗も目立ちやすくなります。
また、より高度な技を身につける為に、
人一倍練習も気合いも必要になります。

最初のうちは、できるようになるまで、青アザだらけになったりすることも…。

それでも、何度も失敗してようやく成功した時の嬉しさも人一倍です!!

 

そして、カラーガードは全員の動きがそろってなんぼ。
動き1つ1つを揃える練習は、細かく、時には地味な練習になりますが、
上手くなって、みんなで合わせられた時の達成感、その瞬間の嬉しさは、
言葉では表せない程です!!
また、Jokersのカラーガードは演技的な要素が強いため、
表情から指先まで、体全体の動きでイメージを伝える役割があります。

 

 



「笑顔」1つにしても、
満面の笑顔で楽しさを表現するのか、
にやりとした笑いで妖しさを表現するのか、
いやいや、今は悲しい場面、笑顔は不要!なのか、、、

 

ショーのイメージを明確に頭の中で描いて、
体の全身に神経を使い、自分をアピールしながら表現する。
最初の内は、これがなかなか難しいです。笑

手を気にすれば、足が疎かになり、
体を気にすれば、表情を忘れたり、

しかし、カラーガードは「伝えたい」をダイレクトに客席へ飛ばせる、唯一のパートです!

 

フロアから360度景色が見えるので、客席の反応や表情もすぐに実感できます。
伝えたいことが伝わったんだと実感できた時の喜びは、鳥肌ものです!

普段とは違う自分を演出できるのも、カラーガードならでは(^^)/

 

 



余談ですが、カラーガードをすると
普段の生活からきれいな姿勢・歩き方を意識することもできます。笑

 

 

 

カラーガードを経験者したことがあるという方はなかなか少数ですが、
初心者の方も大歓迎!!
より多くの方と、鳥肌もののショーを作りたいと思います(*^^*)

Jokersは、現在メンバー募集を行っております!
ブログを読んで、少しでも興味を持っていただけた方は、
お気軽にお問い合わせください(^^)/

 

 


CG ちゃこ

 

 

「きっかけ」とは

2015年4月6日(月) AM12:08 | 練習日記

はじめまして!FrontPitパート2年目のすぐるです(^O^)

昨年の今頃、Jokersの練習に初めて見学し、数回の見学を経て入隊してもう1年…早いものです。

さて、2015シーズンが始まり、いよいよ新たなメンバーを向かい入れる時期になりました。

しかし!Jokersに入りたい!興味ある!な方でも練習に参加、見学にためらう方もいらっしゃるのではないでしょうか…

私も昨年の今頃はその立場でした!

メンバーに友人、先輩、後輩がいる、誘われて来ました!な人もいれば以前からJokersが好きでファンでいずれ同じ黄色い衣装着てshowをしたい!な人もいるでしょう(私は後者ですw)

ホームページの見学申し込みの送信ボタンをポチっとなする瞬間は緊張そのものでしょう。でも、いざ送信ボタン押した後、「いよいよJokersに…」というワクワクした気持ちになるでしょう!!

いざ見学の日当日!!希望するパートのメンバーはどんな人たちだろうか、メンバーの人怖くないかな…など期待と不安はあるかと思いますがその心配はございません!!

Jokersは老若男女関係なくフレンドリーです!!暖かく迎えますいらっしゃいませ

ここからは「見学」目線で練習風景をご紹介します(^ω^)

 



練習場所到着後、まずは楽器をトラックから積み下ろしします。

あらかじめ楽器を準備した後に点呼、出欠、朝のミーティングをします。

その時に簡単に自己紹介!(かしこまる必要はありません!)

それからストレッチをします。音楽とはいえマーチング。いっぱい動きます。

 



Jokersのストレッチは「魅せる」ストレッチ。



ストレッチの後縄跳びをします!音楽(主に一昔前流行った曲)に合わせて飛び、テンポ感をつかみます。

これらが終わればベーシックです!



前回、前々回はBugle目線での練習風景の紹介でしたので今回はピット目線で練習風景をご紹介しますーー!!

まずピットことFrontPitとは…

マーチングにおけるフロントピットは打楽器、DrumLineに属するが唯一ドリル、コンテを行わないパートです。

フロアの前部でマレットパーカッション(マリンバ、ヴィブラフォン、シロフォン、グロッケン)とコンサートパーカッション(ティンパニ、コンサートB.D、ドラムセット、その他マルチパーカッション)で演奏します。

フロアの前部で演奏することにより音楽効果を高める役割をしています。ドラムコー、マーチングにおけるピットは吹奏楽でいえば木管楽器、オーケストラでいえば弦楽器に値する音楽的役割があるのでshowにおける音楽的要素では必要不可欠!



まず楽器をセッティングします。鍵盤組は木(マリンバ、シロフォン)と鉄(ヴィブラフォン、グロッケン)でかたまります。



まずは自己紹介!ピットでは自己紹介にお題が入り、「今日の朝ごはん」「一昨日の晩御飯」「意外な趣味」など全員ぶっちゃけます(笑)

ピットのトレーニングは主に腕のストレッチ、トレーニングから始めます。通称「ピットレ」

ドラムコーにおけるピットの演奏はどんなテンポでも入念に腕が回るよう、主に腕の筋肉を鍛えます!



まず腕を前にし、指や手を動かすトレーニング。これで尺側手根屈筋…難しくてわからないので私たちは「ピット筋」と呼ばれる肘より前の筋肉を鍛えます。

そのほかに腕を横にして手を上下前後に動かすトレーニングを行います。



いよいよ楽器の練習です!午前中はストロークやアクセントの基礎をします。

午後は鍵盤、打楽器分かれて各セクションで練習をします。









今日は練習曲が渡され、譜読み、全員で合わせました!





これにて1日の練習は終わり、後片付け。

メンバーから詳しい説明を受け、終わりのミーティングをして1日が終わります。

そんな感じです!堅苦しく文才ない説明でわからないかもしれませんが…ならば一度練習に見学来て頂ければわかります!!

集団での活動で不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、メンバーそれぞれ年齢も職業も個性も違います。ただ、日曜日に一同が会し、切磋琢磨して取り組み楽しむ…すべてはビッグパフォーマンスのために…!類似することのないたった1つの「Joker」が集結し。「Jokers」となる!!

また、このブログをご覧の方で「昔Jokers入ってた~!」と懐かしんだ方!!

Jokersは出戻りのOBOGも大歓迎です!!毎年出戻りのメンバーの復帰が増え、今シーズンもOBOGの見学、復帰者いらっしゃります!

再び、共に「show」をしませんか?

もちろん、新規さんも大歓迎です!!

まだまだ絶賛募集中です!!

前回のブログではBugleについて詳しく説明ございますので合わせてご覧頂ければと思います。

 

全パートお待ちしております!!

FrontPit すぐる┌(┌^o^)┐

We love bugle!

2015年4月3日(金) PM7:25 | その他

JOKERSは「drum&bugle corps」と呼ばれる団体の一つです。
一般的な吹奏楽団やマーチングバンドには無い,ビューグルという楽器を使用します。
トランペットやトロンボーン・チューバといった名称の楽器とは違うものを使用する為,少しとっつきにくい印象があるかもしれません。
しかし,慣れてしまえばこれ程気持ちの良い楽器は無い!
ということで,今回は我々の魂,ビューグルの紹介をいたします。

元々は軍隊にて「信号ラッパ」と呼ばれる,Gの音を基調としたノーバルブの形態のものでした。(正露丸のマークのあれです)
それが,世界大戦後にアメリカにてボーイスカウトを中心とした市民団体へと払い下げられて段々と一般化する中で,より多様な音楽表現を実現する為に音域が広げられ(ソプラノ・テノール・バリトン・バス)ました。
また,音域の拡大とともにだんだんとピストンが増設されていき,90年代前半にはそれぞれが3バルブを持つ形へと変化しました。

吹奏楽楽器と対応させると…

 

トランペット→ソプラノビューグル

ビューグルコーの花形!誰もが一度は憧れる,きらきらとした音色。

JOKERSでは例年ド派手でテクニカルなハイノートソロが用意されます。



 

ホルン→メロフォンビューグル(アルト)

その名の通り,メロウなサウンド。

柔らかな音色が魅力ですが,音圧をかけた際のパンパンに張った音も気持ちがいいです。16分音符がお友達。



 

トロンボーン→バリトンビューグル

パリッと明朗な発音からダークで温かな音色まで自由自在。

トゥッティの土台としても,機動力を活かしたソロ楽器としても活躍。



 

ユーフォニウム→ユーフォニウムビューグル

バリトンボイスに深みを持たせる,重厚な音質。

特に高音域の甘く響く音色は必聴!敵はその自重のみ。

 

チューバ→コントラバスビューグル

ビューグルラインを包むビッグなサウンドで,根音を支える。

特にJOKERSのコントラは吹奏楽ではめったにお目にかからない動きの譜面が出てきて,とても楽しいです!



といった感じです。マウスピースは吹奏楽楽器と同じものが使用できます。
私見ですが,ビューグルを吹いていて思うのは…

トランペット等よりも重い!
沢山息を持っていかれる!
音程を合わせにくい!
等の短所があるということ。

しかし!
粘っこくて芯のある太い音が出る!
同属の楽器群であるため,あたかもパイプオルガンのような豊かな響きを生み出す!
音が真っ直ぐ飛んでいく!
といった,ビューグル独特の離れ難い気持ち良さがあります。

さらに,軍隊で使用されていたということは,野外においてより遠くへと正しい情報を伝える必要があったということ。
その性格は,現在のビューグルにも受け継がれています。
つまり,演奏者が伝えたい心情を,どんな楽器よりも直接的に観客に伝えることができる!
時にはソリッドに,時にはどこまでも繊細に温かく,「音の壁が飛んでくる」と形容されるほどのトゥッティで会場全体を包み込みます。

しかし,我々JOKERSがこのじゃじゃ馬を完全に乗りこなしているかと言えば,事未だ成らずと言わざるを得ません。
いやもしかすると,歴史上どのドラムコーもまだその可能性を掘り尽くしていないのではないか。
そう思わせるほど,この楽器には底知れぬポテンシャルがあります。



皆さん,JOKERSビューグルラインに参加してみませんか?

JOKERSビューグルラインには,金管楽器経験者の方はもちろんですが,木管楽器しか経験が無いメンバーや,そもそもほとんど楽器を触ったことがなかったメンバーも在籍・活躍しています。

我々は,未だ見ぬ皆さんと一緒に音楽を作りたい!

是非一緒にビューグルの魅力を味わいましょう!



JOKERSでは2015年度メンバーを全パート大・大・大募集中です!!
現在JOKERSでは,下は高校生から上は五十歳代まで,幅広い年齢のメンバーが活躍してくれています。
年齢も住んでいる地域も経験も違うメンバーの共通点はたった一つ。

ドラムコー・JOKERSが好きであるということ!!


未経験・ブランク,なんのその。JOKERSは,皆さんの力を求めています。
ぜひ一度,見学にいらして下さい。誰よりも充実した日曜日と,筋肉痛に襲われる月曜日をお約束します!!
そして,今シーズンを共に友として歩きましょう!!

次回練習・リハーサル・見学日は45(),まだまだ見学は可能です!!
Contrabass
山本