Another Day of Sun

2017年4月19日(水) PM11:26 | お知らせ

こんにちは。
バリトンユーフォパートの木村です。

綺麗に咲いていた桜も徐々に葉桜になり、京都駅では我が母校の新品ぶかぶかの制服を着た中学生が防犯ブザー鳴らして遊んでました。
なんか毎年この季節になると防犯ブザー聞くなと思いながら、むかし部活帰りに生活指導から逃げ回りながら帰ってたのを思い出しました。
もうすぐ、新歓コンパ帰りでベロベロの学生が夜の街に溢れるようになります。
気がついたら便所で寝てるようなことがないように、皆さんは気をつけてくださいね。

4月も後半。新生活には慣れてきましたでしょうか?
JOKERSも2017年度シーズンが始まって一ヶ月がたちました。
新しい体制で、でも変わらない楽しさと熱さで、早くも毎週日焼けしながら練習しています。

IMG_1959

見学にも沢山の方に来ていただいています。
そして!!
2017年入隊の新しいメンバーもだんだん増えています。

毎週、練習初めに隊長が行う点呼で、
「先週入隊しました◯◯です」という紹介がとても嬉しいですね。

もっと仲間が増えて欲しいです、、!
ですので、まずは見学にお越しください!

練習見学は「入らないといけない!」というものではありません。
一度JOKERSのチームの雰囲気、練習に触れていただいて、存分に悩んで下さい。

見学に来ていただければ、見学者さん対象に詳しい説明会を行っています。
JOKERS Drum&BugleCorps という団体についてと、入隊の方法、2017年度シーズンの予定に関してなどです。

入隊に関して少し触れておきます。

JOKERSではオーディションやセレクションなどを行っておりません。
なので、意志があれば(学生は家族の同意が必要)入隊できます。

そして、一度前にも書かせていただいたのですが、
JOKERSに入隊するには最低2回の練習見学が必要となります。
それは、「2017年度シーズンの練習見学が2回必要」ということです。
「去年、一昨年も見学きました!」と、今年も来てくださった方もおられるのですが、過去の見学の有無は関係なく、今シーズン2回来ていただく必要があります。

なので、入隊締め切り最終日の5/28に、「もう入隊したい!心に決めて来ました!」と
初めて見学に来ていただいても、残念ながら入隊していただくことはできません。

なので、よく予定を立てて見学にお越しください。
練習は毎週日曜日に行っています。
早いこと1回見学に来ていただいていた方が、選択肢が広がると思います。

IMG_1963

いろいろ悩んで下さい。本当にガラッと生活が変わります!
私も良い意味で変わりました。
(ルーキーの年に15kgぐらい痩せました。半分もどったけど、)

ただただ、好きなことをして楽しい!だけではないです。
しんどいことや、犠牲にしないといけないこともあります。
しかし、それを両立して、上手に選択して、やりくりしているメンバーが沢山います。
一般の団体ですので、社会人ももちろんですが、これから就職活動をする、また今まさにしているメンバー、受験生のメンバーなど大切な選択をする時期、JOKERSに参加しているメンバーもいます。

最近の行き帰りの車での会話は、ずっと「これから先どうしよう、。バイト変えて、勉強する時間確保しようかな。でも採用試験がなぁ。」とかそんなんばっかです。
私は関係ないんですけどね。

なので、楽器や音楽、ドラムコーのこと以外にも、なんでも相談して来て下さい。

安心して、JOKERSに入隊してほしいのです。

なので、
モヤモヤしている方は、そのモヤモヤを無くすためにも
見学にお越し下さい。

JOKERSでドラムコーをするために、またJOKERSで得られる「楽しさ」のレベルを上げるために、
みな日曜以外の曜日に様々なことに打ち込み、努力しています。
仕事や勉強や、試験、家庭のことなど、様々です。

さぁ、この春から共にJOKERS Drum&BugleCorpsで掛け替えのないシーズンを過ごしましょう。

見学申し込み、お待ちしております。

見学に来て下さったその日が、
あなたのこれからを変える大切な日になることを願っています。

バリトンユーフォ二アムパート
木村 友譲
IMG_1964
出戻りも、待ってますよ。
また歩きましょう。演奏しましょう。振りましょう。
練習見学だけでも来ておきましょうよ。待ってますよ。
バリトンいつでも貸すで。

FrontPitの魅力

2017年4月15日(土) PM12:33 | 練習日記

おはこんばんちは。

 

FB_IMG_1476394334527

FrontPitのすぐるです。
※女です。本名は違います。

 

 

 

今回のブログは、今シーズン初めて紹介しますFrontPitの魅力を存分に伝えたいと思います。
(だいたいすべってるんでご了承ください)

 

 

 

 

FB_IMG_1476083384787

 

皆様はマーチング、ドラムコーを見る時、どこを見てますか?

 

 

全体的なドリル

 

 

迫力のある音圧
「あのソロかっこええええ!!」
「ボールターンめちゃくちゃかっこええな!!」
「Batteryのあのギミックかっこええ…」
「ColorGuardのあの手具なにこれ!すげぇ!」
「なんしかドラムメジャーに惚れる」

 

 

 

そりゃあ見ていて惚れ惚れするしなによりアガります。

 

 

 

 

 

しかしながら、私は昔から
マーチングといえばずっとFrontPitを見つめていました。

 

1486382749290

FrontPitの魅力としては

 

耳だけでも伝わるkeyboardpercussionの音色。

早いパッセージ、美しい音色、

show全体を支えるRack、Timpani

ここぞという時の鳴り物

 

show全体における音楽的要素には絶対不可欠であり
まさにshowの「色」をつける欠かせない存在である。

FrontPitがあってこそshowが成り立つと言える…!!

時に笑いを誘い、時に感動の涙を促し、
Jokersのshow全体の流れではきっかけや繋ぎとしての役割があり、
お客様の心をわしづかみするのです。笑

 

20151013_5589

 

 

私情を挟みますが、
私のマーチングの経験は中学時代だけで、
Batteryでスタイルも違っていたけど、
実は中3の時一瞬だけFrontPitをやったんです。

 

 

しかしながらもっと本格的にやりたい、という気持ちがあって、
大学時代、密かにブームとなっていたDCI

 

そこから通じたのか、

 

「ドラムコーでFrontPitをやりたい」

 

 

という願望が目覚め

それからウン年後にJokersに入隊し、今に至る。

FB_IMG_1487892248481

初めて見学に来た時の事、鮮明に覚えてます。

 

 

人見知りのコミュ障である私が特に知り合いがいる訳でもなくいきなり入ったもんだからそれはもう不安でした。

しかし、FrontPitパートはそんな私を暖かく迎えて下さり、
初見学から約1時間後に今やJの通り名である「すぐる」と命名されたのであった←

1491739524337

余談ですがFrontPitパートは皆小物打楽器大好きです。奥が深いけど、どこかおいしい役割もあったりで争奪戦。

(すぐる過去の例:雪降る街をイメージして鈴を鳴らす、のどかな田舎の情景で鳥笛、緊張感のあるシーンでガスボンベの出番等←)

 

 

 

 

春の時期の練習メニューはこれまでのブログで紹介したメニューとは少し事なります。

 

DSC_0391

 

●ピットレ
両手を前方や横に真っ直ぐ垂直に伸ばし、手や指のトレーニングを行います。

メトロノームのテンポに合わせて回数を重ねて行うので、
回数を重ねるとめちゃくちゃきつい…!
けど、快感…!(ドM)

日常生活では絶対に使わないような筋肉を動かすので筋肉痛の心配もされますが、
実はストレッチの一環にもなっているのです。

このピットレが、これから演奏する上で「基礎」が出来上がるのです。

 

1491739550224

●基礎、アップ

今の時期はマレットの持ち方や叩き方、腕や上半身、下半身(足)の使い方を固めます。

ドラムコーであるからこそ求められる「統一美」
全員が同じ動作でなければなりません。
音の叩き方、音量、全て統一しなければなりません。

私は毎週悲鳴をあげてます←
でも、こんな練習は今のうちしかできないのです。

 

1491739542009

●曲練

ここで応用という訳ですが、
今は練習曲をしてますが、これからシーズンで使用する譜面もいよいよやってきます。

練習していると、ここで後ろはどんな音があって、ここでグルーヴ感を感じるのか!など
いろんな妄想をします。

1491739554487

 

 

 

 

そんなFrontPitパートは私にとっては「家族」のような存在です。

1476091875835 (1)

うまく表現できないけど
アットホームで、どこか安心できる、そんな感じ。
年齢も職業も経験も様々で10代から30代まで幅広くわちゃわちゃしてます。

 

小学生の時から吹奏楽やマーチングやってましたな人やバリバリのドラムコー経験しましたな人もいれば打楽器経験なく管楽器出身者やピアノ経験のみ、音楽が全くの未経験から入隊したメンバーもいます。
勿論、シーズンが始まれば全員が同じ土俵に立って、共に歩んでいくので経験の差で不安になる事はありません!

 

FB_IMG_1488405065013

そんなFrontPitパートは見学者大大大募集中です!!!!

 

 

こんな方はFrontPitの見学はいかがでしょうか?

●マーチングやりたい!けど体力に自信がない。
●コンサートパーカッションが好き
●showでおいしい役割をしてみたい
●未経験だけど何かできる楽器ないかな~?
●新しい趣味としてマーチングやろうかな!けど皆若そうじゃない?ついていけるかしら…?

などなど

きっかけは問いません!!

 

DSC_0390

次回の練習日は4月16日です。
尚、5月3~5日の春合宿も見学可能です!!
(全日参加でなくてもOK)

 

入隊するには2回の見学が条件となります。
入隊を検討している方はスケジュール調整して見学にお越しください!!!

 

尚、かつてJokersやってましたな方も大歓迎します。
出戻りの方は1回の見学で復帰できます。

 

 

FB_IMG_1479123426331

それでは16日、お待ちしております。

FrontPit すぐる

春眠暁を覚えず…

2017年4月5日(水) AM6:11 | 練習日記

こんにちは。
ついに4月。桜も咲きはじめ、日差しが心地いい季節になりましたね。
朝はなかなか眠たいものです。

さて今回は、この時期JOKERSがどんな練習をしているのかご紹介します。↓

身の回りの準備を整え、まずはミーティングです。
点呼、連絡など行います。
(新規見学者の方はこの時に簡単な自己紹介をして頂いています。)

次はストレッチです。
ストレッチで体をほぐしつつ、気持ちを高めていきます。

そして、なわとびをします。
1491193219906
なわとびは様々なテンポの曲に合わせて行います。
意外としんどいメニューです。ノーミス目指して跳んで、跳んで、跳びまくります。

次は筋トレです。
1491193233158
楽器をもって歩くために必要な筋力を鍛えます。追い求めるパフォーマンスのために!
勿論、身体はバキバキです、、、。

そして、ベーシック。
1491193237591
言葉の通り、歩きの”基礎”を固める練習です。
バンバン歩きます!

午前中ラストはブリージングブロック。
1491303665758
呼吸を制御して行うランニングです。しんどいです。でも楽しい。(笑)

そして、昼休み!
各自、ごはんを食べたり、楽器演奏したりして自由に過ごします。

午後はパート別に分かれて練習です。
batteryではストロークの確認や新譜の練習など行いました。
譜面が多くないこの時期は、基礎を徹底した練習がメインです。
また、楽器で練習できるのは日曜日だけ。やはり生の楽器を叩くのは非常に心地いいものです。
14911938534450

練習の最後は、新譜の合奏です。
1491193240328
見学者の方は正面から演奏を聴くことが出来ます。特権ですね。

練習は以上です。
この時期は大抵、練習翌日には筋肉痛に襲われます。朝、布団から起き上がるのが苦痛です。(+_+)
しかしパフォーマンスの為なんだと考えると、何でしょう、
嬉しいんですけどね。はは。(笑)

最後に、
JOKERSは只今メンバー募集中です。
5月末までに見学を最低2回して頂くと入隊できます。
最低2回というのは、JOKERSがどんな団体かを理解した上で入隊して頂くためです。
練習は残り9回となります。(GWにある春合宿も含め)

お客様に楽しんで頂ける、そして満足して頂ける、唯一無二のSHOW。
我々と共に、そんなSHOWを創り上げませんか。
同志、募集中です。

Battery 藤嶋

花よりビューグル。

2017年3月24日(金) AM8:13 | 練習日記

こんにちは。

やっと暖かくなって、卒業シーズン真っ盛りですね。
珍しく桜の開花が遅く、まだ咲いていませんので今年は入学式にも花びらが残ってそうです。
京都ももう少しで咲きそうですねぇ。

さぁ、そんな穏やかな春ですが、我々は穏やかではいられません。

初っ端の練習から新たな筋トレメニューの説明と実施。
そしてビューグルは新たな楽譜が配られ、一気に「あの日曜日」が帰ってきました。

「オフ明けやし、徐々に取り戻そう〜」
とは頭の片隅にも無い練習。

楽しいです。
しんどいです。キツいです。
でも、楽しいです。
IMG_1559
※こんな筋トレはしません

我々には時間がありません。
毎週日曜、祝日(たまに土曜日)だけの練習で、我々が思い描くパフォーマンスを実現しなくてはいけません。

「試行錯誤」を繰り返したいけれど、そんなに何度も何度も同じことはできないのです。
なので、「一発でキメる」、そしてそれを踏まえてのチェンジ(変更や実験くんと呼ばれるお試し)に迅速に対応する。
これが、限られた時間の中でクオリティの高いものを生み出し続ける努力です。

でも、急な変更や「これやってみて!」って大変なんです。
楽器でも、アドリブやアレンジってそんなすぐにはできませんよね。

やっぱり、基盤を、基礎をしっかり固めることが大事なのです。
すなわち、今の時期のような、コンテがどさっと来るまでの間の時期に、ベーシックもミュージックも、もちろん筋トレもガッチガチに固めておくのです。

どんな無茶振りやアドリブにも答えられるように引き出しを多く持ち、整理しておく必要があるのです。
IMG_1561

そして、日曜日には色々なものを持ち帰ります。
演奏やスタイルに関しての指示や、変更、そのほかアナウンス。

それをまた平日の間に自分のものにして、また、日曜日を迎えるのです。

IMG_1560

そんなわけで我々には、穏やかでのほほんな春の陽気は訪れないまま、
クソ暑い夏を迎え、大会シーズンの秋を通り過ぎ、
シーズンのラストへと集中する冬を越えます。
ギューーーンと猛スピードで来年の2月まで突っ走ります。

あっという間です。

新しい学年、新しい学校、新しい職場など
環境が変わってどうなるか不安な方。

とりあえず4月までに一度練習見学に来て下さい。
その時に入隊とJOKERSの活動に関しての詳しい説明を行います。

それを踏まえて、新たな環境を迎え、考えてみて下さい。

カード返しているあなたもですよ?
油断してましたか。
見学だけでもきて下さいよ。
また懐かしい「あの日曜日」を思い出しましょう。
また、一緒にしんどくて楽しい練習をしましょ。

次の練習は3/26(日)、場所は京都です。
申し込みはこちらの投稿フォームから。

お待ちしております。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

バリトンパート 木村友譲
IMG_1564

さて、皆さん。

2017年3月14日(火) AM8:34 | お知らせ, その他

3月12日。
HCDにゲストでお越しいただきました、Tokushima Indigoes Drum&Bugle Corpsさんの藍色コンサートが行われました。
ワンシーズンお疲れ様でした。
また今年はIndigoesさんにとって節目の年ということで、様々なイベント楽しみにしております。

そして、一足先に我々JOKERS Drum&BugleCorpsは
2017年度のシーズンが始まりました。

この日は尼崎市総合文化センターにメンバーが集まり、
先シーズンの振り返りと今シーズンへのミーティングを行いました。

さらに、入隊希望者へ向けての入隊説明会も同時に行いました。
たくさんの方が参加してくださいました。
これからまた新しい仲間が増えると思うと楽しみです。
ありがとうございました。
19日から始まる練習でも、是非見学をお待ちしております。

入隊、見学に関する詳細です。

今シーズンの入隊者の募集期間は3月12日から5月末日までです。

そしてJOKERSに入隊するには、最低2回の見学が必要となります。
よって遅くても、募集期間の最終練習日である5月28日、そして一週前の5月21日の両日は見学に来ていただかないと入隊に間に合いません。

「募集期間の途中で2回見学が必要な事を知ったが、
知った頃にはもう予定を調整できず、入隊できなかった」
というような事になってしまうと非常に残念です。

なので、早めの予定調整、そして早めの見学をお勧めします。

見学の申し込みはこちらの投稿フォームからお願い致します。

練習に関しても、早めに入隊を決めてしまったほうが得なことが多いです。
はやく、はやく一緒にやりましょうよ!

若い人も、そうでない人も大歓迎です。
何とでもなります。何とかしてるかっこいい大人たちがたくさんいます。

様々な種類の学生、様々な職種、様々な環境から
JOKERSに参加しているメンバーがいます。

ですので、活動について不安なこと、続けるにあたって聞いておきたいことなど
何でもご質問ください。

さぁ、新たな世界への一歩を踏み出しましょう。

かけがえの無い 1年を、一緒に過ごしませんか?

バリトン・ユーフォニアムパート
木村 友譲
IMG_0324

Q&A

2017年3月2日(木) PM6:26 | お知らせ, その他

Q&A
国公立大の二次試験も終わり、各高校では定期演奏会のシーズンが始まっています。
JOKERSのメンバーも,自分の出身校や,興味のある学校の定期演奏会にお邪魔して,演奏演技を楽しませていただいているところです。
学生生活最後の演奏にかける気持ちや,丁寧かつ大胆な演奏演技を目にし,かつてその場所にいた我々も気持ちを新たにすることができます。
特に、マーチングの大会に出ていらっしゃる中学・高校の皆さんには、一方的にシンパシーを感じてしまい、身内のように応援してしまうことも…。
高校で吹奏楽部に所属されている皆さんは,この時期の定期演奏会を最後に卒業され,新たな場所で活動されることが多いと思います。

春は別れと出会いの季節。
皆さん,新たな活動の場所として,JOKERSを選びませんか?
といっても,社会人マーチング団体にいきなり飛び込むのは,勇気がいるもの。
そこで,今回は,よく質問を頂く内容を,Q&A形式にてお伝えしようと思います。
少しでも,皆さんにJOKERSを身近に感じていただければ嬉しいです。

Q.メンバーの男女比は?
A.2016年度は,男5:女5でした。

Q.メンバーの年齢層は?
A.2016年度は,10代18名・20代前半25名・20代後半20名・30代以上9名でした。

Q.メンバーの職業は?
A.2016年度は,高校生2名・大学生24名・社会人46名でした。様々な環境で平日を過ごしているメンバーが日曜日に共通の時間を過ごすわけです。

Q.練習場所は?
A.近畿一円の体育館です。滋賀県や兵庫県が多めです。近畿圏だけではなく,中部・北陸・中国地方の方も通うことは可能ですよ…。

Q.練習スケジュールは?
A.原則的に各日曜と祝日が全体練習の日です。‪9時~17時で行われることが多いです。‬

Q.練習場所までのアクセスは?
A.ほとんどが,近隣のメンバーの車で一緒に行きます。その場合は高速道路料金などの交通費は居住地によって違いますが,各回往復1,000円~1,500円程度になることが多いようです。

Q.メンバーの居住地は?
A.現在は,京都府(京都市・亀岡市・向日市・宇治市・城陽市…)に住んでいるメンバーが多めです。次に大阪(北摂から堺まで様々…),兵庫(姫路から淡路島・尼崎まで,東西南北幅広く…)と続き,奈良(奈良市・生駒郡・桜井市…)と滋賀(現在滋賀のメンバーは少なめです。滋賀にお住まいの方は,練習場所が近いことが多いので,おすすめですよ!)という感じです。過去には,岡山や東京から通ったメンバーもいました!仕事や学校で関西に越してきて参加してくれたメンバーもいますし,JOKERSに参加するために関西に越してきたメンバーもいます。

Q.メンバーの出身校は?
A.マーチングの大会に出ているような学校出身のメンバーも多いですが,そうではない学校の出身者と半々くらいです。様々な地域や学校・団体の出身者で構成されていて,皆が仲良く厳しくドラムコー活動に取り組んでいます。

Q.運営母体はありますか?
A.JOKERSは,ドラムコーを好きなメンバーのみで構成される,一般団体です。ですから,運営しているのはメンバー自身です。運営母体はありません。

Q.それでは,指導スタッフはどのような方なのですか?
A.メンバー内から決まった数名が練習を進めています。しかし、練習中はメンバー同士がお互いに注意・相談し合いながらショウを作り上げることが基本です。メンバーが主体的にショウ作りに参加していることが,JOKERSの強みと言えます。

Q.ショウは,どのようにして作られるのですか?
A.3月~5月は,ショウで使用する曲の練習に時間を割きます。5月末のメンバー締め切りの後に,決定したメンバーをもとに,スタッフがドリルを作成します。ですから,あらかじめ存在するスポットにメンバーが入るわけではありません。「〜のパートが定員まであと〜名」といった募集はしないということです。皆さんだけのスポットが,6月に新しく用意されるわけです。新しいメンバーである皆さんが入ってくださることで,2017年度のJOKERSのショウは,だれも予想のつかない方向へとどんどん進化していきます。

Q.練習を欠席する日がありそうなのですが…。
A.仕事・テスト・冠婚葬祭などでやむを得なく練習を欠席することになってしまうメンバーもいます。欠席した場合は,次の週に後れを取らないように自主的に準備をしています。

Q.年間の参加費用はどのくらいかかりますか?
A.妻帯者の私が月三万円のお小遣いでやりくりできる程度です。詳細は‪3月12日の説明会や,見学に来てくださった際にお伝えできます!‬

Q.「ビューグル」って,吹奏楽の楽器とは全然違うのでは?
A.ビューグルは全てG調であるため,最初は戸惑われるかもしれません。しかし,マウスピース・運指は吹奏楽器と同じです。吹奏感は若干違いますが,すぐに慣れていただけると思います。

Q.希望のパートに入れますか?
A.ビューグル・カラーガード・ピットセクションは基本的に希望のパートに入れます。バッテリーセクションは各パートの人数に限りがありますので,ご希望に添えない場合があります。

Q.メンバーの履歴は?
A.小・中・高・大・一般団体などでマーチングをしていた人もいれば,全くしたことがない人もいます。それまでマーチング経験の無かったルーキーも,ファーストショウには立派にJOKERSの一員として演奏演技をしてくれます。

Q.楽器は個人持ちですか?
A.ビューグルは基本的に個人持ちです。しかし,一年目のメンバーなどはレンタルの楽器を使用することが多いです。複数年JOKERSに参加するメンバーは,購入することが多いです。

Q.ゆくゆくはDCIのチームに参加したいと考えているのですが…。
A.JOKERSからも,過去にたくさんのメンバーがDCIやDCAのチームに参加しています。昨年度のメンバーのうち、DCI・DCA経験者は10名でした。

以上,Q&Aでした。
少しでも,参加を考えていらっしゃる皆さんの不安が取り除ければ幸いです。
ただし,やはり百聞は一見に如かず。
ぜひ,‪3月12日に尼崎にて行われる説明会や,3月19日以降の練習へ見学にお越しください!‬
メンバー全員が,主体的に楽しくマーチングに取り組む姿を見ていただけると思います。
メンバー一同,皆さんのお越しを,心よりお待ちしております。
参加申し込みは,こちらまで!

Reach

2017年2月23日(木) AM12:54 | お知らせ, その他

―Reach

JOKERSの日曜日は,この曲から始まります。

アトランタオリンピックの公式ソングとして使用されたこの曲を,JOKERSはストレッチの際のBGMとして使用しているのです。

DSC_0058

見学に来てくださった方や,大会の朝にわざわざJOKERSを見に来てくださった方はご存知かもしれません。

「大きいことは良いことだ!」の合言葉よろしく,指先まで届くエネルギーを感じながら,この曲に合わせて,腕を・足を・体全体を,少しずつより遠い所へと伸ばしていきます。

DSC_0066

DSC_0107

ワンシーズンでもJOKERSでマーチをしていると,街を歩いている時・何の気なしにテレビを見ていて・レストランで食事をしている時など,この曲が流れてきたらストレッチを始めてしまう。

20年近くこの曲と日曜日を始めてきたJOKER達の悲しい習性です。

―Some dreams live on in time forever.

 

「夢に向かって,夢に届くために,より高みを目指し,昨日の自分よりも強くあれ」

 

この美しい曲が我々に投げかける気高いメッセージは,まさにドラムコーを象徴していると言えるでしょう。

DSC_0077

先日,シーズン最後の「Reach」を,苦楽を共にしたメンバー達と聴いたHCDの日。

この日が終わればこのメンバーとこのショウを演じることはもう無いのだという寂しさと,たくさんの観客の皆さんに披露することができる喜びとが入り混じった複雑な感情を持って,我々は宝物のような一日を過ごしました。

割れんばかりの拍手と歓声をありがとう。

この一瞬のために一年を過ごしてきたと思わせてくれる,素敵な時間でした。

観客の皆さんこそが,我々をJOKERSにしてくれる。

皆さんと素晴らしい時間を共有することができた喜びでいっぱいです。

DSC_0090

DSC_0074

翌日に行われた納会で,楽器や手具から解放された我々は,みんなそろって力の限り飲み食いしました。

ワンシーズンを共に歩いた仲間なら,練習の思い出だけで肴はいっぱい。

そんなどんちゃん騒ぎの最中,真面目に議論がなされるテーブルも。

ドラムコーって我々にとって何なのか?

JOKERSは真面目にふざける団体なので,そんなことを真剣に話すこともあるのです。

ある人はそれを統一美の探求だと言います。

またある人は生涯の友人を得ることだと。

技術の向上・非日常の楽しみ・観客やメンバー間のコミュニケーション…。

いやいやドラムコーは練習後の一杯のビールだ!

…楽しい会話とともに,納会の夜は更けていくのでした。

DSC_0080

DSC_0118

JOKERSは,非営利の団体です。

しかも,学校や公的機関などの後ろ盾もない。

何のために,膨大な時間を練習に費やしているのか?

JOKERSでは,「目指せ~賞,取るぞ~位!」なんてことは驚くほど口に出されません。

我々が大切にしているのは,観客の皆さんと楽しい時間を共有できたかということ。

コミュニケーションは充分だったかということ。

我々のメッセージは伝わったのかということ。

ただそればかりを気にします。

マーチング・ドラムコーという競技に参加する団体の中ではかなり珍しいのではないかと思います。

DSC_0070

DSC_0059

メンバー同士は,お互い置かれている環境が違います。

高校生もいれば,大学生も,社会人もいる。結婚しているメンバーもいれば,子供を育てるメンバーも…。

しかし,そのような我々が協力して一つのショウを作り上げられるのは,全員がドラムコーとJOKERSを愛している確信を持っているから。

立場や年齢を超えた強い絆を頼りに,我々はすでに次のシーズンへ動き始めています。

DSC_0062

DSC_0089

―If I could reach, higher

―I’m gonna be stronger

 

観客の皆さんへ感動を届けるために,より強く。

つらいことがあって落ち込んでいるあの人に笑顔を届けるために,より高く。

練習後の一杯のビールを,かつて観客だったあなたと一緒に,より美味く飲むために!

DSC_0078

JOKERSは現在オフシーズン中です。

メンバーは,「Reach」の流れないひと月間をそれぞれの場所で過ごしています。

しかし,後17日後,我々は仲間と共に夢を追う日々を再びスタートさせます。

来る3月12日に尼崎市総合文化センターにて,2017年度JOKERS開始ミーティングが行われます。

この開始ミーティングでは,新規に入隊を希望される方への入隊説明会を同時に行います。

申し込みはこちらまで。

ぜひ,共に素晴らしいシーズンを創りましょう!

Contrabass 山本昌範

大切な人はいつも隣に。

2017年2月16日(木) PM12:48 | お知らせ, 本番

IMG_0816
こんにちは。
バリトンユーフォパートの木村です。

2月11日に開催致しましたHomeComingDayに
今年も沢山の方にご来場頂きまして、本当にありがとうございました。

あの歓声と拍手、そして笑い声が忘れられません。
シーズンを通して様々な本番、会場のフロアから客席を見上げるのですが、
HCDで見る景色が一番好きです。
まさに「Home」。幸せでした。

そして、ゲストとして徳島から来て頂きました、
Tokushima Indigoes Drum&Bugle corpsの皆様。
前日からの雪の影響を受けて心配していましたが、無事奈良まで来ていただくことができ、安心しました。
毎年本当に長い時間をかけてHCDの会場まで足を運んで頂き、ありがとうございます。
そして3月12日に美波町日和佐総合体育館で行われます、藍色コンサートも、最高のパフォーマンスが出来ますよう応援しております!

IMG_0818

そしてそして、「You’ll never walk alone」の合同演奏に参加してくださった皆様、ありがとうございました。

普段はなかなか一緒に演奏することの出来ない方々と
1つの曲、本番を共有できて嬉しかったのと、ゾクッとしたのと、懐かしかったのと、そして寂しかったのと、様々な感情が入り乱れてました。

私はバリトンパートなので、never walkのど頭、どのパートよりも一番最初に音を出します。
あのハモリが(自分のピッチが合っていれば…)とても好きです。
そしてソプラノのメロディが上にのり、曲が続いていきます。

私は1番端っこだったのですが、まわりを見るとかつて一緒に歩いていたメンバーがずらっと。
泣きそうになりました。嬉しかったです。

今回は合同演奏に参加していないOBOGさんもおられたのですが、やはり一緒に吹きたかったですね…。
同期ともまた吹きたかった。すこし寂しい。
こんな時「楽器ないねんー」って人に楽器貸せるようにもっとビューグル買おかな……

HCDは、たくさんの人が帰ってきてくれる大切な本番。
OBOGさんも、客席のファンの皆様も。

これは「You’ll never walk alone」だけではありませんでした。

今回、アンサンブルチームの中にとてもマニアックなアンサンブルチーム、Mini corpsがありましたね。
1ピス1ローターリー、?2ピストン、、?
そして、なんだあの二重のベースドラムは、、!というアンサンブルチーム。

かつて「悪魔に魂を売った男」とマニアック仲間さんとの3人が発起人となり、このチームに誘っていただきました。
(「悪魔に魂を売った男」は「鬼」とも「天使」とも「神」ともニコニコ笑いあえる優しく楽しいOBさんです。安心してください。)

このチームのメンバーの中で、17人中6人がOBOGさんです。中には今回が初めて一緒に演奏をする方もおられました。
憧れのShowでフロアに立っていた人、ソロを吹いていた人と共にパフォーマンスができる。
本当に稀有な機会でした。

他のいくつかのアンサンブルにもOBOGさんが参加しておられて、
演奏演技においても現役メンバーだけではなくHCDをともに創り上げてきました。

楽しく、勉強になり、感謝しております。
ありがとうございました。

でも、私はこの「OBOG」という言葉があんまり好きじゃないです。
去年まで横で吹いていた、平日練習していた、本番の打ち上げで盛り上がってたメンバーのことを「OBOG」と呼ぶのが寂しくて、なんか悲しいですよね。

しょうがないっちゃあ、しょうがないんですが、

毎年この季節は、新しい環境や様々な理由のためにJOKERSを去って行くメンバーがいます。
毎年、とても寂しいです。
必死に引き止めますが、どうしようもないこともあります。
また来年のHCDで、共に本番を迎えられるのを楽しみに、
そしてまた一緒に歩ける日が来るのを、フロアで待っています。

しかし、別れがあれば
必ず出会いがあります。

この春の間から、メンバーを締め切る5月末までの間は入隊者募集期間です。
2017年度シーズンの新しい仲間 ルーキー、出戻りとの出会い。
ワンシーズンを共にする、愛すべき仲間と出会える貴重な時期です。

そんな、シーズン開始のお知らせです。
3月12日に尼崎市総合文化センターにて
JOKERS 2017年度 開始ミーティングが行われます。
この開始ミーティングとともに、新規入隊希望者様への
入隊説明会を行います。

今までは沿道、客席にいたあなた。
偶然 Twitter、Facebook、ブログにてJOKERSに出会ったあなた。
一度、3月12日の入隊説明会に来てみて下さい。

こちら側にきませんか。
後悔はさせません。

説明会の申し込みはこちら

IMG_0812

本格的な練習見学は3月19日からです。
新たな「JOKER」との出会いを楽しみにしています。

ワンシーズンJOKERSを追いかけて下さった皆様、
支えて下さったOBOGさん、
私の隣で共にShowを作り上げてきたメンバー、
本当にありがとうございました。
全てが今の私を形作る大切なものです。
かけがえのない時間を過ごせました。
大好きです。幸せです。

ありがとうございました。

バリトンユーフォニアムパート
木村 友譲
IMG_0815

HCDの楽しみ方

2017年2月9日(木) PM10:12 | お知らせ, その他

こんにちは僕です。Sopranoのヨネです。
今回はHCDの楽しみ方について。
HCDの前日は朝起きてから、1日中明日の15時から始まる楽しい時間を思い浮かべてください。

想像力が豊かな方は妄想しすぎて、仕事や学業でミスを連発すると思いますが、「すみません。明日はHCDなので。笑」と、この日ぐらいは大目に見てもらいましょう。

 

さてHCDの当日。

いつもと同じぐらいの時間に起床しましょう。

早く起き過ぎたり、逆に寝過ぎたりすることがないよう、あくまでも最良のコンディションでHCDを迎えられるよう起床しましょう。

HCDに向けて期待に胸を膨らませながら午前中を過ごしましょう

13時45分に入場券が配られますので、少し早めに会場に着くよう家を出ましょう。

会場の最寄駅についたら会場までの道のりを鼻歌交じりで向かいましょう。

もちろう鼻歌はJOKERSの過去のSHOWからセレクトをしましょう。

そして会場に到着。

入場券が配られているのでそれをゲット。

早速それを撮って、インスタやツイッターにアップして自慢しましょう。フォロワー数が急上昇間違いなしです。

鼻歌に熱中しすぎて、会場を通り過ぎ、入場券をもらいそこねても大丈夫です。座席は十分あり、全席正面です。

さて、そうこうしてるうちに入場整理が始まります。

スタッフの案内に従って列をつくります。

いよいよ開場、体からほとばしるワクワクを抑えつつ、入場券に別れを告げ、いざ入場。

中に入り、焦らず、走らず、自分だけの特等席を確保。

開演まで会場の雰囲気を堪能しましょう。

知り合いのJOKERS愛好家と談笑したり、キョロキョロ周りを見回して「色んな人が来てるなー」と感心したり、ご自由に。

 

いよいよ開演。

 

ここからどう楽しむかは、あなたの自由です。

おすすめの楽しみ方は、とにかく自分を開放すること。

人前で叫んだりするのは恥ずかしい方も、演奏会に来るとどうも評論家的になってしまう方も、この日だけは自分を開放して心から楽しみましょう。

私たちはみなさんの心を揺さぶるパフォーマンスをすると約束いたしますので、みなさんも揺さぶられた心を体全体で答えてください。

 

静粛厳禁。

 

ともに共鳴しましょう。
楽しい時間はあっという間。

余韻に浸りながら、最寄駅まで歩いていきます。

そして電車に乗車。

車内でパンフレットを改めて見返します。

そこにはメンバー募集の文字…何やらHPで見学申し込みができるそうな。

片手にURLが載ったパンフレット、もう一方にはスマホ。

IMG_3059IMG_3060IMG_3057IMG_3065

 

踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々

終わり。

 

 

Home Coming Day詳細 → チラシ ホームページ